タケルンバ卿ブログ

世界の片隅でだらだら生きる貴族の徒然帳

スポンサー リンク

休業補償の6割は実収入の6割ではない件

 コロナウイルスに関連して、従業員を休業させる場合に一応いろいろな補助制度はできているんですよ。

 でもね、悲しいかな安いんです。足りない。なんで安いかというと、例えば雇用調整助成金では、休業させた場合の休業補償として大企業は6割、中小企業には8割を助成するんだけど、この休業補償の計算がそもそも安く出るものなのね。

 具体的に言うと、月給20万円とします。6割補償という話を聞きます。この場合、「じゃ、20万円の6割だから、12万円だ」と考えるのが普通です。もらえるはずだった収入の6割という考え方ですね。

 ところが、休業補償のベースとなる平均賃金は、次の計算式で求められます。

  • 平均賃金=休業日以前の3か月の賃金総額÷3か月間の総日数

 1月・2月・3月の各月20万円ずつで計60万円。これを1月・31日、2月・29日、3月・31日の計91日で割ります。答えは6,593円。これの6割は3,955円。1ヶ月丸々休業として、労働日数22日をかけても87,010円。本来の月給20万円から考えると、4割程度にすぎない。中小企業の特例である8割で計算したって、日当たり5,274円で、22日分として116,036円。これでやっと当初の収入の6割。

 これじゃやっていけないわけなんです。下手すりゃ家賃・水光熱費で終了。休みたくても休めない。1日でも多く休業を回避して、仕事しなければやっていけない。制度として「ないよりはマシ」であることは確かなんだけど、安心して休業できる制度にはなってないんですね。

 となると制度を休業補償ではなく、収入補償に段階を上げて考える必要があるし、一般的な有給休暇と同じような考え方で支給する必要がある。働いていれば得られるはずだった収入に対して、その6割であるとか、8割であるとかを補償するという考え方にしていかないと、会社だけではなくて労働者ももたない。

 1日あたりの上限8,330円の引き上げとかの話題も出ているけれど、問題はその上限の低さではなく、そもそも1日あたりの補償額が少なくなってしまう平均賃金の計算方法に問題があり、特例的に別の計算式をあてはめていかないともたない。

 もちろん会社によっては「やっていけない」ことをわかった上で、さらに手厚い補償制度を設けたりしているわけですが、なんせこの雇用調整助成金の申請自体がまだ滞っている段階では、補償の手厚さなど考慮に入れていない段階のところも多い、なんだか心配。社会を思って、会社を思って休業を選んだ人が、いざ給料日に明細を確認してその金額の安さにびっくり。そんな展開が5・10日ごとに起きそうで怖いです。

注意

 説明上簡便な表現にしておりますが、平均賃金の計算に用いる賃金には、通勤手当などの諸手当が含まれ、税金などの控除前の金額です。

 詳しい計算方法は厚生労働省や労働局のサイトなどで公開されているものをご確認ください。

アパホテルの新型コロナウイルス軽症者受け入れについて考える

 業界関係者として、アパホテルのこの件はやっぱり書いとかねば。

全国にホテルを展開する「アパホテル」は、新型コロナウイルスに感染した軽症の人や症状がみられない人を全面的に受け入れる意向を政府に伝えた

アパホテル「軽症や無症状の人 全面的に受け入れ」新型コロナ | NHKニュース

 これね、細かい評価は置いといて、アパホテルじゃないとできない話です。

オーナー創業者が社長

 ちょっとね、雇われ社長じゃできない決断よね。がっつり株式を抑えていて、株主にあれこれ言われないからできる。

自社物件のホテル

 ホテルにもいろいろな形態がありますが、借り物件じゃできません。家主が嫌がる。オーナーが断る。自分とこの土地・建物だからできる。店子じゃできない。

ホテルひとつあたりがでかい

 こういう話に乗れるのは、そこそこの規模があるから。

「新型コロナウイルスに対応できる病床は現在750床確保している。その数を毎日増やしていて、月曜までには900床を確保する」

小池都知事「病床 月曜までに900床確保」新型コロナウイルス | NHKニュース

 100床単位で必要な病床数が語られているわけですが、アパホテルならば100室とか200室規模のホテルを多く抱えているわけで、非常に現実的。

 4月24日にオープン予定となっている両国駅タワーなんて1,111室だし。1軒貸し切りとなればかなりの病床不足を一気に解決できる。

 但し問題もある。

ホテルスタッフは医療スタッフではない

 これは二重の意味で。ひとつはスキル。もうひとつは待遇。接客のプロではあるが、医療のプロではないホテルのスタッフがどこまでできるのか。そしてそういう業務を「やらされる」ことに対して、どれだけの対価があるのか。常日頃から医療スタッフと比べて過不足なくお金をいただいていればともかく、そうでなければ現場離反しかねないんじゃないでしょうか。お金もらってないし、いきなりそんなことやれと言われても。当然そんな覚悟を持って職に就いたわけでもないでしょうし。

出入りの業者はどうする

 ホテルって多くの人が働いているわけです。例えば清掃業者やリネン業者、それに関わる人材派遣。自動販売機があれば補充する業者さんも来ますし、いろんな備品の納入業者だって来る。そういう方々への二次感染防止はどうなのかとか。で、重ねて問題なのは、ここで例に上げた業者の多くは、他のホテルにも出入りしていることが多いんです。複数のホテルの清掃を請け負っている業者がある。そこで働くあるスタッフは、ある日はホテルA、またある日はホテルBで働く。このような状況下で、二次感染対策が疎かであれば、複数のホテルに感染が広がる可能性が出てくるのではないか。

 というわけで、勇気ある決断であるとは思いますが、医療的な面でどうするかが鍵なのではないかと。アパホテルは場所貸しだけをして、人は出さないというのが現実的な落とし所かと思いますが、かといって医療人員も不足しているわけで、どの程度まで関わるのかという線引が難しい話だと考えるわけです。

 宿泊業関係者としては以上です。

追記(2020/04/06 20:00)

 アパホテルに続き、東横インも受け入れ表明。

 東横インは伝統的に物件はオーナーが建て、家賃を支払って営業するスタイルをとっていたので少々意外だった。理解あるオーナーさんがいらっしゃったか、たまたま自社物件かのどちらかはわからないが、それにしてもよく決断したなあと思う。

都内のホテルの一棟貸しとなり、該当ホテルは専門家の管理下におかれ、医療体制を整えて対応しておりますので、近隣の皆様にご迷惑をおかけすることはございません。また、一般のお客様と感染者の方が同じホテルに滞在されることもございません。

Toyoko Inn - Hotel Reservation

 安全面に関しても、一棟貸しということは人手は出さないと思われるので、本稿で指摘した懸念もクリアしている。

 恐らくはこちらがモデルケースとなり、同様の事例は増えていくかと思われる。

2019年最新版ボージョレ格付け

 全国四千五百六〇万人のワインファンの皆さん、お待たせ致しました。今年も恒例のアレです。ヌーヴォーです。ボージョレの新酒ですわよ、奥様。

今年の『ボジョレー・ヌーヴォー』は、イチゴやラズベリーを思わせる、ピュアでフレッシュな香りです。味わいは滑らかで、エレガントなものとなっております

JAL輸送の2019年「ボジョレー・ヌーヴォー」どんな味? 1日早朝、3192本が羽田に到着 | 乗りものニュース

 なんか去年と変わんねーな。

  • 1995年「ここ数年で一番出来が良い」
  • 1996年「10年に一度の逸品」
  • 1997年「1976年以来の品質」
  • 1998年「10年に一度の当たり年」
  • 1999年「品質は昨年より良い」
  • 2000年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
  • 2001年「ここ10年で最高」
  • 2002年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
  • 2003年「100年に一度の出来」「近年にない良い出来」
  • 2004年「香りが強く中々の出来栄え」
  • 2005年「ここ数年で最高」
  • 2006年「昨年同様良い出来栄え」
  • 2007年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
  • 2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
  • 2009年「50年に一度の出来栄え」
  • 2010年「新酒の典型のようなみずみずしさ」
  • 2011年「50年に一度の当たり年」「05年や09年産に匹敵する仕上がり」
  • 2012年「糖度と酸度のバランスが良く、フルーティーな味わい」
  • 2013年「例年よりもフレッシュな味わい」
  • 2014年「フレッシュで華やかな香り」「果実味豊かな味わい」
  • 2015年「今世紀でもっとも良い出来」「豊かで、しっかりとして完璧なバランス」
  • 2016年「採れたての果実を口の中で頬張ったかのような、みずみずしい仕上がり」
  • 2017年「甘みが凝縮され、まろやかな味わい」
  • 2018年「イチゴやブルーベリーを思わせるような香りを持ち、爽やかで滑らかな味わい」
  • 2019年「イチゴやラズベリーを思わせる、ピュアでフレッシュな香り」「味わいは滑らかで、エレガント」←New!!

 評価を意訳すると「去年と一緒だよ、去年と」です。「イチゴやブルーベリー」という比喩が「イチゴやラズベリー」に変わっただけですし、表現も「爽やか」が「ピュアでフレッシュ」になっただけで、味わいも結局滑らかです。

 この評価を踏まえて「字面だけ格付け」を更新すると、このようになります。

2019年版ボージョレ字面だけ格付け

  • 1.2015年「今世紀でもっとも良い出来」「豊かで、しっかりとして完璧なバランス」
  • 2.2005年「ここ数年で最高」
  • 3.2006年「昨年同様良い出来栄え」
  • 4.2003年「100年に一度の出来」「近年にない良い出来」
  • 5.2011年「50年に一度の当たり年」「05年や09年産に匹敵する仕上がり」
  • 6.2009年「50年に一度の出来栄え」
  • 7.2002年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
  • 8.2001年「ここ10年で最高」
  • 9.1999年「品質は昨年より良い」
  • 10.1998年「10年に一度の当たり年」
  • 11.1996年「10年に一度の逸品」
  • 12.1997年「1976年以来の品質」
  • 13.1995年「ここ数年で一番出来が良い」
  • 14.2000年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
  • 15.2007年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
  • 16.2012年「糖度と酸度のバランスが良く、フルーティーな味わい」
  • 17.2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
  • 18.2017年「甘みが凝縮され、まろやかな味わい」
  • 19.2014年「フレッシュで華やかな香り」「果実味豊かな味わい」
  • 20.2019年「イチゴやラズベリーを思わせる、ピュアでフレッシュな香り」「味わいは滑らかで、エレガント」←New!!
  • 21.2018年「イチゴやブルーベリーを思わせるような香りを持ち、爽やかで滑らかな味わい」
  • 22.2004年「香りが強く中々の出来栄え」
  • 23.2013年「例年よりもフレッシュな味わい」
  • 24.2010年「新酒の典型のようなみずみずしさ」
  • 25.2016年「採れたての果実を口の中で頬張ったかのような、みずみずしい仕上がり」

 20位です。やりましたね。

 まあ、去年と同じだよというわけなんで、比較としては去年としか言いようがありません。で、去年との比較ですが、去年にはないエレガントさが本年にはあると解釈し、去年よりは上、ということでの消極的なランク付けとなりました。

 最近は2015年の「今世紀でもっとも良い出来」以来どうも低調であります。そのうちまた評価のインフレが来るかもしれないですけどね。

 それでは来年もまたこの記事でお会いしましょう。良いワインで、良い人生を。ヌーヴォーは明日解禁です。