タケルンバ卿ブログ

世界の片隅でだらだら生きる貴族の徒然帳

スポンサー リンク

ステーキ屋 松(三鷹・ステーキ)

 すっかり3月もバッチリ後半戦だというのに、今年はまだブログを一回も更新してなかったタケルンバですこんばんはあけましておめでとうございます元気です。

 さて、すげえ久々の更新だけど、普通の記事書く。なんかね、話題になってるお店があったんで、行ってきたのよ。

 松屋のステーキのステーキ屋松(なんかややこしい)。

 お店があるのは松屋の総本山がある三鷹駅北口。

 振り返ると松屋本社。

 まだここにしかない。ということは実験店というか、お試し店。

 売りは松ステーキ200g1,000円。安い。しかしNeekのタケルンバは200gでは足りん足りん足りん足りん。

 あらかじめメニューを調べていたところ、リブアイ100gと合わせて300gのコンボなるものがあったので、それにしようと思っていたが、お店の自販機には松ステーキ400gもあったのでそれに。お値段明朗会計、200gの2倍量だから2,000円。うむ、わかりやすい。これに別売り150円のライスを頼む。ステーキにはライスをつけたいタイプ。肉汁で白飯を食いたいんじゃー。

 少し並んで着席し、食券渡して、いざサラダバー&スープバーへ。サラダ・スープ食べ放題。とはいえ、サラダといっても松屋のいつものやつだ。いつもの生野菜にコーン、ポテトサラダが取り放題で、ドレッシングかけ放題。あ、ドレッシングはとんかつ業態のとこに置いてあるにんじんドレッシングがあったぞ。あれはうまい。

 で、しばらくしてお肉登場。

 わかりやすく200gのブロックが2枚登場。多分厨房では切り分けたりせずに、決まった量の肉を焼いてるだけなんだろうな。現場の手間とかフランチャイズ化のことを考えたら割と賢い。実は「いきなりステーキ」方式の肉の量り売りは、肉を注文されたサイズに調整するカットマンの技量がものを言うので、多店舗展開には向かない。

 そしてこのブロックを溶岩石で自分で焼く。

 最初はこういう状態なので、断面を自分で焼いていく。だが微妙な罠があり、最初に肉を小さく切りすぎてしまうと熱が入りすぎ、もれなくウエルダン。なので、最初は大きめに切り、断面を加熱しつつ、でも大きめに切っておけば中心まで熱は入り切らないので、食べる直前に少し切ってさらに断面を加熱するという二段階加熱を推奨。溶岩焼きだと、鉄板焼きにおけるもやしの上みたいな「お肉休ませコーナー」がないんよな。なので焼き手側にソリューションが必要。ソリューション言ってみたかっただけだ。

 肝心の肉だが柔らかい。お値段を考えればかなり良質。安い肉あるあるの筋っぽさとか、謎のゼラチン領域みたいなものもない。良い赤身肉。

 難点は値段が値段だけに、さすがに味が浅い。熟成とは程遠い。が、在庫の回転を上げなければこの値段でやっていけないし、味が浅いということは飽きが来ないということでもあり、お店側にとってはステーキリピーターを育てる程よい味ということでもあろう。

 あとはこの値段設定の中では柔らかいお肉ということで、かたいかたいステーキは顎が疲れるという向きにおすすめ。よく「赤身だからヘルシー」「ヘルシーだから女性向き」という話を見るんだが、お肉を語る上では割と「かたさ」という観点が大事で、どんだけヘルシーでも、食べにくいものは女性に受けない。脂肪分の有無より、程よい柔らかさという食べやすさのほうが大事。

 というわけで店舗が増えればそこそこいけるかね。本質的な客単価が違うので、「いきなりステーキ」とは戦争にならんはず。先述したように量り売りしないという点もそうだし、肉をあらかじめ切ってある状態で仕入れているのもそうだし、焼き加減調整をお店でやらず客任せというところとか、多店舗展開を意識した如何にも松屋というオペレーションでお店ができている。

 逆にいきなりステーキは、ワイルドステーキとかの販売でなんかずれてきた気がするが、本来はもう少し高単価志向のお店で、ペッパーランチの上位業態というところに立ち返らないと差別化できないような気がしますね。多店舗展開を優先したことで、志がずれてきたと思うんだけどね。

 肉好きからは以上です。近所にできてくれー。

2018年最終更新

 2018年もまもなく終わろうとしております。

 今年は後厄。これで晴れて厄年終了なのですが、昨年の本厄でいろいろ引かなかった分、今年はなんかいろいろ引いてしまい。健康にはあまり恵まれない一年ではありました。

 とはいえ、夫婦二人で穏やかに一年を過ごせ、仕事もそれなりに充実し、成果も残し、全体を見れば悪くないのかなと思います。

 最近は所属する場のどこででも、すっかりベテラン扱いされることが増え、同時に若手と大ベテランのつなぎ役を求められることが多くなり、「中年」という言葉の意味を噛み締めております。本当に真ん中なのね。

 真ん中の世代として、若手の邪魔をすることなく、自然な形で引き上げ、うまいこと次世代につなげられたらなあ。最近はもっぱらそんなことを考えるようになりました。

 とはいえ私自身も現役世代。次のステップに進むための努力を怠ることなく、来る明日に備えて行きたいと感じております。

 皆様の2018年は如何でしたでしょうか。皆様の新年が健康に恵まれた実り大き一年になるよう心よりお祈りしております。 

 それではまた来年。今年もありがとうございました。

 タケルンバ 拝

2018年うまかったもの

 早いもので2018年も残りわずかです。毎年恒例、うまかったものを振り返りたいと思います。

スパイスカレー青藍のスパイシーチキンカレー定食

 すっかり人気店になってしまい、なかなか食べられないのだけれど、今年食べた中では抜群のうまいカレー。

 スパイスに存在感があり、それでいてまったく重くなく、重くないからこそ後を引く。並んででも食べたくなるカレー。

参考


丸松のレバ味噌

 無事一周年を迎え、まっちゃんの焼く串のうまさにブレがない。安くてうまいを両立し、しかも居心地がいいのだから、通わない理由がない。

 新鮮でエッジのたったレバーに、秋元屋譲りのパンチの効いた味噌。この組み合わせにホッピーを流し込む至福のひととき。

 とはいえ今年後半はだいぶご無沙汰してしまった。来年はもっと行きたいなあ。

参考


新宿ボンベイのマトンカレー

 惜しまれて閉店した新宿の名店。

 いろいろな大人の事情や思惑に伴う閉店で、肝心要のカレーは最後までうまかった。

 跡地は立ち食い寿司になったそうだが、あのカレーを失ってまで……残念。

サラムナマステのビリヤニ

 今年バズったお店といえばここ。一斗缶ビリヤニからはじまり、有名店になるまでが早かった。そして話題性にたがわず、「ほんとビリヤニ」の味の良さ。

 めっちゃスパイシーだが、激辛ではない米料理という新たな発見があった。

参考


田っくん商店の稚鯛昆布締め

 見た目クリーニング屋という異色の居抜き居酒屋だが、これがまあ良いお店で。きちんとした仕事をしている本格的な一品が、立ち飲み価格というありがたさ。

 たまに通りかかるといつも混んでいる。いい店が混むのはいいことだ。

参考


アトリエうかいのクッキー

 某所のお土産として品川駅構内の同店で買ってみたところ、これがまあ気の利いたお土産で。

 いろいろなクッキーが宝石箱のように散りばめられており、そしてひとつひとつが美味しい。ヨーグルトやベリーの風味は鮮やかだし、クッキー自体の口触りも、ホロッときてなんか凄い。

 これ、お土産におすすめです。ちょっといいお値段だけど。

宝亭の近江牛ミスジ

 霜降り派ではない赤身派のタケルンバとしても、さすがにこれには唸らざるをえなかった。

 説得力がありすぎる見た目。そして常温で溶け出す脂。そしてそれが焼けることで引き出される旨味と香ばしさ。

 遠いし、偶然行ける場所ではないが、ここを目的地に出かける意義はある。うまいお肉は牧場にあり。

参考


納屋孫の鮒寿司

 コースで琵琶湖の恵みをすべていただいたのだけど、やっぱり鮒寿司に湖の恵みと、昔からのなれ寿司という食文化が凝縮されていると感じた一品。

 この付け合せのご飯部分がまたうまいのなんの。そして同じご飯同士、日本酒に合う。これに合わせる日本酒は、琵琶湖の浮島でとれた酒米から作った日本酒というから、ただでさえ合うものが、さらにもう一段上のハーモニーに。

 最高でした。

参考


肉塊UNOのイチボ

 今年の「肉 of the year」の写真部門を選ぶとしたらダントツでこれ。罪な写真を撮ってしまった。

 こういうお肉をお腹いっぱい食べられる食べ放題というシステムは暴力。ああうまい。

参考


中華徳大のほうれんそうチャーハン・らんらんトッピング

 チャーハン大好き人間にとっては、こういうチャーハンがいいんですよ。長粒米を使ったパラッとしたチャーハンもいいんだけど、日本のご飯を使ったしっとりチャーハンもいいわけで。

 そしてまたこのランラントッピング。玉子がうめーんだ。唯一の難点は「らんらんトッピングで」と頼むときに気恥ずかしい。「らんらん」って。

 どうでもいいが、お店の公式サイトのつくり、とてもワイルドで、デストロイで良い。阿部寛ホームページに通じるホームページビルダー感ある。

さんさん商店街の生牡蠣

 三陸に行くと何故か牡蠣が食べられないと嘆いていたわけですが、今年はついに巡り会えたよ。

 新しいさんさん商店街に、お刺身を自由に選んで自分丼をつくれるコーナーができており、そこに生牡蠣大先生が鎮座していた。これで300円バカ安。

 外にポン酢などがあり、これで自由に食べれる。おお、こういうの欲しかったんだよ。

 今までこういうお店が欲しかっただけに、実現してうれしい。

参考


誰そ彼のお刺身

 例年通っており、例年うまいと思っているわけだが、今年もやっぱりうまかった。つか、なんですか、このマグロ。

 相変わらず最強だった。来年も行くぜ。

いろはやのチャーシュー麺

 「こういうのでいいんだよ、こういうので」と言うにはちょっと豪華すぎるが、普通の醤油ラーメンを洗練させた感じで、大変おいしい。

 場所が悪いが、駅から歩いてでも行く価値はある。二種のチャーシューもばかうま。ああああああ、食べたい。

平日昼だけの和風そぼろカレー

 おそば屋さんのカレーを極めるとこうなるんだろうなあというカレー。

 おダシの効いたルー。ご飯の上には梅干し・たくあん・鰹節・大葉・揚げ玉などなど。一見ミスマッチだが、これが不思議と合う。

参考

 今年もうまいものをいろいろと食べれて幸せでございました。来年もいろいろ食べれますように。

合わせて読みたい