タケルンバ卿ブログ

世界の片隅でだらだら生きる貴族の徒然帳

スポンサー リンク

新高円寺でほんとビリヤニを満喫する

 四月末にひどい風邪をひき、無限咳攻撃を受け喉完全破滅。旧交を温める機会とか、いろいろあったはずなのに一切の予定キャンセル。1ヶ月経ってやっと喉が回復。たまにまだ咳が出るが、まあ問題ない。

 となるとおいしいものが食べたくなる。咳のために辛いものとか、香辛料を自重してきた。スパイシーでおいしいものが食べたい。

 そこで選んだのがビリヤニ。

サラムナマステ(新高円寺・カレー)

 一斗缶ビリヤニで一気に話題になったお店。

炒めたのじゃなく、きちんと炊き込んだ「ほんとビリヤニ」が食べれる。

 こんな感じでTwitterにて定期的にビリヤニ情報を流してくれている。で、行ってみたと。

 4種類のビリヤニが日替わりである。行った日はチキンビリヤニだった。

 見るからにスパイシー。しかし辛くはない。

 炊き込まれたご飯は長粒米で、とてもふかふか。しっとりとまではいかないが、決してパサパサではない。ふかふか。

 スパイシーなご飯の中にはスパイシーなチキン。これまた辛くはない。が、やっぱりスパイシー。いつもはこういったお店ではカレーばかり食べるのだけど、スパイシーだけど辛くはないってのはなんか不思議な体験。

 わたしゃタイ米をはじめ、長粒米大好き人間なので、かなり合う。が、日本的なもち米とかが好きな人は合わないかもな。ちょっと米の方向性が違う。

マサラダルバール(新高円寺・カレー)

 姉妹店でも食べてみた。

 野菜ビリヤニ。肉成分はないが、ブロッコリーとか豆とか、もりもり入っている。ヘルシーでいい感じ。


 でも結局肉食う。なきゃ足せばいいんだよ。なあ。

 こちらのお店は空いているので、中の人もこちらを勧めている。何故空いているか。場所が悪い。「新高円寺」って書いたが、駅から距離ある。五日市街道という通り沿いだから、わかりにくい場所ではないんだけどね……。

 ちなみに両店ともネパールのかたが営むレストラン。ネパールのうまいものが何故かこのあたりにある。

 実は阿佐ヶ谷にネパール人学校があったり。そのおかげで杉並区にはネパールコミュニティがあり、人が住むから食材を売るお店があり、食事を提供するお店もできると。

 おかげでゲストシェフもゆにゅうできるわけです。ありがたいね。

 どうでもいいが、マサラダルバールがあったところは元々デュセニ村というカレー屋さんがあった場所で、何故か一時期ラーメン屋だった。多分黒歴史。今もメニューにキーマカレーラーメンがあるところに名残を感じさせる。今度はラーメンも食べてみよう。

考えた結果マニュアルに行き着くわけですが

 どうも、マニュアル作る側の人間です。

 そうですか。

 でもまあこういう反応がある層のためにマニュアルを作るわけじゃないのよ。マニュアルって要はサービスの最低保証レベルの明確化で、「最低限ここまでやれよ」なのね。なので、「できる」人間にはマニュアルは必要ないし、上を望むお客様にもそぐわないんだけど、「とりあえず60点」というのにはいい。

 それにチェーン展開しているところだと、品質の均一化という効果があるわけね。どこのお店でも同じだと。

なぜ、相手によって対応を変えないんだ??

はてな匿名ダイアリー

 変えないことが目的なので、ええ。

誰に対しても同じことを押し付けてきて、こっちが望んでないにも関わらず、要らないサービスをしてきて、腹が立つ。

はてな匿名ダイアリー

 ああ、それはきちんと統制されていますね。店員さんがんばってます。えらい。

 「要らないサービス」って言うけど、ある人にとっては「要る」のね。で、「要らない」より「要る」人のほうが多いので、マニュアルに組み込んでいるのね。つまり過剰でもなんでもなくて、最低不可欠な段取りということ。

 でも現実に「要らない」人はいる。「要らない」人は怒る。クレーム入れる。トラブルになる。どうするか。モンスターカスタマーなので放っておく。個人の主張より全体の利益をとる。まあ当たり前ですよ。まあサービス業なので「来るな」とは言いませんけどね。「お客様には私どものやりかたは合わないようですね。残念です」みたいな感じでお別れです。実質「二度と来んな、ボケェ」ですが。

 あとこういうこと言う人で不思議なのは、マニュアルによらないサービス=過剰な特別扱いだったりする。決まってるチェックイン時間より早く入室させろとか。常連なんだからチェックアウト延長くらい無料対応しろとか。誕生日だからドリンクぐらいサービスしろ。ケーキはどうした。シェフの挨拶はどうした。次回利用できる優待券くらいよこさねえのか。気が利かねえなあ。責任者呼べおらぁ。

 違うよね。こういうのは本来対価が必要だよね。やってもらったらラッキーだけど、これがいつもだったらおかしい。つか店が持たん。ましてチェーン展開しているところで、他の支店でも同じようにされたら。チェーン店でマニュアルが尊重される理由がこれ。

 元増田にオススメなのは、マニュアルすらないお店。いいと思いますよ。過剰どころか、サービス自体がなかったり。何もされません。不愉快な過剰サービスなんてありません。愉快なこともないけど。

 元増田はマニュアルのないお店にどうぞ。

祝・丸松1周年

 3月で東中野のもつ焼き丸松さんが1周年。

もつ焼き 丸松

ぐるなびもつ焼き 丸松

 というわけで嫁さんと二人でお祝いに。

 お祝いといっても私らができることは。

 飲んで。

 食べるだけ。

 ポテトサラダとマカロニサラダ。あわせて「ポテマカ」もうまいし。

 梅肉がのったつくねなんかもうまい。

 味噌ダレのレバーも相変わらずだし。

 小袋刺しの鮮度も最高。

 焼いたシューマイも何故かうまいし。

 ウインナーを焼いてもやっぱりうまい。


 箸休めの野菜までお酒が進むし。

 煮込みも最高。

 相変わらずの居心地の良さ。これから2周年、3周年と良い年を重ねていってください。