読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タケルンバ卿ブログ

世界の片隅でだらだら生きる貴族の徒然帳

スポンサー リンク

無双☆スターズのアップデートを待つ会

 どうも。無双OROCHI2 UltimateがやりたいがためにPlayStation4を買った者です。


無双☆スターズ - PS4

無双☆スターズ - PS4

 俺としては無双OROCHI2 Ultimateが狂おしく好きなので、素直に無双OROCHI3出してくれよと思っていたわけですが、あっさりOROCHIを捨てたコーエーテクモさんが「オールスターゲーは無双☆スターズで」と仰せなので素直に買いました。で、感想。

マルチエンディングなのに仲間集め直し

 マルチエンディングというのはいいんです。いろいろな分岐があって、いろいろ楽しめると。まあいい。

 でもそれって繰り返し何度も楽しめるという前提があってこそだと思うわけですね。またやりたくなる。繰り返し何度も何度も。

 でも、今回のつのだ☆ひろだとなあ。レベルとかカード引き継ぎはいいとして、仲間集め直し。はじめましてから。なんでやねん。

 それなのになんである条件で集めてもいない仲間まで一気に揃うのか(ネタバレにちょっとだけ配慮)。雑じゃないですかね。

周回する楽しみがない

 無双シリーズのいいところって「スルメゲー」なところだと思うわけです。噛んでも噛んでも味がある。いつまでも噛んでられる。長持ちするところに価値がある。

 それって周回することにご褒美があるからなんですね。キャラクターが強くなる。敵を倒しやすくなる。爽快感アップ。難易度上げてみる。死ぬ。そこでさらに周回する。強くなる。難易度上げてもいけるようになる。

 ところが今回のダンス☆マンはそうじゃないんですよ。レベル上げてもあんまり強くならないし、武器の代わりに導入されたカードシステムもなんかあれ。

なんなんだよ、カード

 武器じゃなくてカードにしたというのは、キャラクターの世界観的に致し方ないところがあると思うわけです。「ザ・武器」という三国・戦国勢とかがいる反面、女子高生とかカジノディーラーがいるわけで。

 だけども漫☆画太郎ではそのカード強化がなんだかなあと。他の無双シリーズとか、OROCHIシリーズの経験とか反省とかどこいったんだよと。

 雷・炎・氷・愛・闇って属性があるんだけど、あれ、あんまり効いてるんだか効いてないんだかわかんない。

 効果が4つまでつけられるんだけど、そのスロットを増やせない。

 友情アビリティ補正を追加したり上書きできない。

 とか。

 三國無双の7とかでも最初は武器の属性を自由に変更できなくて、なんか微妙だったんだけど、猛将伝のアップデートで「自由に上書きできます!!」になって「おう、神アプデ」ってなったんだけど、そういう流れを知らないわけねーのになー。

無双フィーバーの「やったった」感

 無双シリーズのいいところって、敵キャラをバッタバッタ斬ってく爽快感だと思うんだけど、それって無双フィーバーみたいなシステムで実装するものじゃないと思うんだ。キャラクターを強くした結果、武器を強くした結果、そしてプレイヤーの腕によって起きる結果だと思うわけね。

 まどか☆マギカの「ボタンを押せばフィーバー」ってのはちょっと違うと思うんだよね。なんかシステムとして軽い。

結論:アプデ待ち

 なんというか、いろいろ惜しいのです。やりたいことはわかるんだけど、ちょっと違うんだよね。改善待ち。もう少し頑張りましょう。つか無双OROCHI3はなしですかね。あと「ジーワンジョッキー」のコーエーと、「ギャロップレーサー」のテクモが合併してコーエーテクモになった結果、騎手ゲーが「チャンピオンジョッキー」までで死滅している状態はなんとかしてほしい。つか続編出してよ。

どうでもいいこと

 なんか異常に風呂に力を入れているが、何故筐体を2台も置き、「アルゴスの戦士」をやってる前提の会話シーンがあって、それをプレイできないのか。あるいは曲だけ使われている「スターフォース」「マイティ・ボンジャック」とか。

 とあるキャラがやってて会話すると「笑ったな? じゃ俺より高得点出してみろ!」みたいな展開になって、設定された点を上回ると「やるな、お前」みたいになって友好度アップとか。呂布とかウイリアムはゲーム苦手で、あまり点を出さないが、リュウとか女子高生勢はめちゃうまいとか。

 そういう工夫があるとよかったね。

もっとどうでもいいこと

 真ん中に「☆」がつくのでなんかないかなあと調べた結果がこちらです。どうぞご査収ください。

丸松(東中野・焼きとん)

 秋元屋の元店長「まっちゃん」が独立。

 東中野にお店を出されたということなので、早速行ってきました。

 お店は東中野の西側出口を南に出たすぐのところ。素晴らしい立地。開店の十六時前に着き、オープンを待っていると、私の顔を覚えてくれていたのか声をかけてくれる。うれしいねえ。

 店内はカウンター席が十席ほどと、テーブル席が二つ。合わせて二十名くらい入るかなあ、というところ。調理一名・ホール一名でも全体が見れるちょうどよい感じのお店サイズ。

 メニューは秋元屋とほぼ一緒。そらそうだ。なのでまずはホッピー。ビールは赤星があった。


 とりあえず野菜をつまみに。

 そして煮込み。あっさりとした味付け。脂のついたシロがうまい。スジっぽいところもいい感じ。

 肉巻きトマト。嫁さんが大好き。熱々のトマトがうまいんだ。

 上タン。「今日の上タンおすすめなんですよ!」「でも三本しかないんです」ということなので、開店時に入った三組で一本ずつ山分け。なるほど「上」がつくだけにうまい。違いは柔らかさ。かたくない。焼いてもやわらかい。タン刺しにできるくらいのものとか。刺しはできないからねえ……でも、焼いてもうまいな。

 秋元屋系列に欠かせないのが味噌味。レバーを味噌でいただく。ちょっと大ぶりのレバーに、味噌の風味が合う。基本的に串の味はお任せにするのだけど、レバーだけは味噌で食べたい。

 焼き加減も最高。さすがは秋元屋の名店長。

 このシロの焼き加減も見事だったなあ。表面がややパリッとしていて、内側はチュルンとしていて。

 席の前にタッパーがあって、その中にタンがごろごろあった。それがうまそうでうまそうで気になって仕方なかったので頼む。ゆでタン。柚子胡椒と合う。合わないわけがない。

 レバーがうまいので、もう一度頼んでしまう。右はハツ。うむむ、どれもうまい。秋元屋と遜色ない。そして遜色ないどころか、秋元屋を越えているものもある。

 もつカレー。同じく秋元屋からの独立組「たつや」でおなじみの一品。これは秋元屋にはない。これがうまいのよ。焼かれたパンに合う。カレーの中にはもつがゴロゴロ。

 「これ、たつやさんでもやってますよね」と声をかけると、「実はうちの奥さんがたつやで作ってたんですよ」とのこと。あああああ、そういうことかー! なんか色々と腑に落ちた。そりゃもつカレー出しますよね。そしてうまいに決まってますよね。

 一時間ほど滞在して大満足。店内を温かに包むふんわりとした雰囲気は、まっちゃんの人柄なんでしょうね。初めて行ったのに妙に落ち着けました。いいお店だ。

 当面は定休日なしで営業とのこと。どうぞお体だけには気をつけて。また行こうっと。

ぼてふりの四文屋(阿佐ヶ谷・居酒屋)

 行けって言われたら行くよね。

 ぼてふりの四文屋。

芝仁ビル - Google マップ

 場所はJR阿佐ヶ谷駅近く。まだ開店したてで、あんまり情報が出てない。Googleで調べても、情報が前に入っていたラーメン店のままだったりもする。ま、王将の隣だ。



 海鮮があるというので、日替わりからマグロブツ・かき酢・あん肝。お酒は寒い日に行ったので日本酒を熱燗で。全部一気に飲まずに少し残す。これフラグな。

 あと四文屋といえばこれだ。浅漬け。どこの四文屋にもある。定番。そして確実にうまい。

 そしてここから煮物のターン。

 まずは寒いのでおでん三点。こんにゃく・大根・煮玉子。スッキリとしたダシがうまい。開店まもなくの時間帯に行ったせいもあって、大根はもう少し煮たほうが好みかな? まあでもうまい。

 続いては肉のターン。まずは牛すじとホネ。串煮込みの定番。

 砂肝銀皮とホルモン。砂肝銀皮とは砂肝の端っこのスジっぽいところ。砂肝よりもさらにコリコリ。


 野菜も食べよう。しめじとキャベツ。ダシを吸いまくって妙にうまい。煮たキャベツの甘いことよ。

 さてシメるか。すき焼きライス。タレとコメの相性たるや。

 そして本当のシメ。ダシ割り。熱燗を少し残しておいて、そこにおダシを入れてもらう。

熱燗を半分くらい呑んだところに、煮込みの美味しい美味しい出汁を注いでもらうという…… そう、赤羽の某有名立ち飲みおでん屋さんのアレを再現しました!
(オープンしたての時に毎日通って毎日お願いして、裏メニューにしてもらった)

【食】 今すぐ『ぼてふりの四文屋』に行くんだ! - 素敵なものが欲しいけど

 裏メニューどころか、もう「ダシ割りあります」って堂々と出てたよね。木のメニュー板に書かれてたよね。しかも「ます」は「〼」という居酒屋表記になっていて、向こうもやる気だったよね。

 コの字型のカウンター席なので、一人でも入りやすいし、ちょうどこのあたりには早い時間からやってる良さげな飲み屋さんが少なかったので、よろしいのではないでしょうか(阿佐ヶ谷は西側の方が飲み屋さんの数が多い)。

 あっさりダシなので、温かい素麺なんかをシメに出したらいいんじゃないかなと個人的には思います。小鍋で乾麺茹でて、そこにダシ足してネギパラリとかでいいので。

 ダシ割りの次は温麺よろしく。