読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タケルンバ卿ブログ

世界の片隅でだらだら生きる貴族の徒然帳

スポンサー リンク

坂内小法師チャーシュー画像テロ

食べ歩き

 チャーシュー麺が好きなわけです。

 とりわけ坂内小法師好き。気がつくと俺の坂内フォルダがえらいことになっている。










 踏み分けても踏み分けてもチャーシューの山。

 ご飯にのっけて食べてしまったりもする。うまい。

NHKの築地市場煽り記事がひどい件

雑記

 だから数字はちゃんと使えとあれほど。

東京都の小池知事が移転を当面延期すると表明した、東京・中央区の築地市場に本社を置く業者の倒産や廃業は、集計が可能な平成15年以降で100社を超えるとする民間の調査結果がまとまり

築地市場に本社置く業者 倒産・廃業は100社超 | NHKニュース

 こんなツッコミどころ満載の記事を内外に報じる意味はあるんでしょうかね。

 つい最近のこの記事と、問題点はほぼ一緒なわけですが、本当にダメダメです。

多いのか少ないのかわからない問題

 そもそもですよ。

東京の築地市場の中に本社を置く業者の倒産や廃業は、集計が可能な平成15年からこれまでのおよそ13年間で、111社

築地市場に本社置く業者 倒産・廃業は100社超 | NHKニュース

 これが多いのか少ないのかがわからない。

 そりゃ十三年間の合計値であればゼロになるわけないし、そこそこの数字が積み上がるでしょうよ。だからこそ、この数字が多いのか少ないのかを示す比較対象が必要で、例えば平成一五年以前の一三年間と比較してどうなのか。ここ数年で急増しているかどうかとか。例えば一一一件中ほとんどが最近三年間のものであるとか。そういう情報が必要。

 しかしそれがない。それがないからよくわからない。

築地市場の中にはどんな業者がいると思っているのか問題

 それにだ。「東京の築地市場の中に本社を置く業者の倒産や廃業」なわけですよね。

業種別にみますと、生鮮魚介卸売業が84社と全体の70%以上を占め、次いで野菜卸売業が7社となっています。

築地市場に本社置く業者 倒産・廃業は100社超 | NHKニュース

 当たり前やろが!

 むしろ生鮮魚介卸売業・野菜卸売業以外がそんなにあるのが驚きだわ!!

 つか、どんなところが築地市場の中に本社を置くのか、んなもんわかりきったことだろが!!!

 ちなみにこういう統計がありまして。経済センサスという。これの最新データである「平成二六年経済センサス基礎調査」では、町名ごとのデータもあるんです。「町丁・大字別集計」ってのが。

 これで築地市場のある東京都中央区築地五丁目のデータを見てみると、全事業所一〇九二件のうち、飲食料品卸売業は七八九件。七二%。

業種別にみますと、生鮮魚介卸売業が84社と全体の70%以上を占め、次いで野菜卸売業が7社となっています。

築地市場に本社置く業者 倒産・廃業は100社超 | NHKニュース

 めっちゃ順当な結果です。

 ちなみに経済統計上の分類で、大分類が卸売業、中分類が飲食料品卸売業となり、生鮮魚介卸売業と野菜卸売業は小分類となり、飲食料品卸売業に含まれます。

 詳しくはこちら参照。

そもそも前段は必要なのか問題

 記事の出だしからしてアレですよね。

東京都の小池知事が移転を当面延期すると表明した

築地市場に本社置く業者 倒産・廃業は100社超 | NHKニュース

 それ、いる?

 なんか無理やりこじつけようとしてますよね。関連付けようとしてますよね。

 築地市場と移転するかどうかという話と、築地市場内に本社を置く企業の倒産・廃業が一一一件あったという話は、まったく別の話だし、後者なんて「そういう数字がありましたー」という事実の紹介でしかありません。

 というわけで、こういうのは煽りの類で、反応してはいけません。はい、反応しました。俺ってダメなやつ。では。

ツイテル(中野・肉料理)

食べ歩き

 そういや熟成肉ブームに乗ってなかったなあということで、今更ながら食べてきた。

 中野のツイテル。お手頃お値段でしっかり食べれると以前から評判のお店。

 火曜日、開店時間十七時にうかがったところ、席は既に予約で埋まっているようで、「お席は十八時四十五分までになりますが、よろしいでしょうか」とのこと。十九時から予約で一杯なのね。

 しかし人気だ。百十席もある大箱のお店なのに凄いな。繁盛している。

 初めての訪問ということで、店員さんからいろいろ説明してもらう。とりあえず熟成肉をニ種類と、定番のものを頼んでおく。

 まずはピクルス。しっかりと漬かっていて、きちっとおいしい。なんというか、ちゃんとしている。ちゃんとピクルスなのだ。当たり前だけど。でも、それができないお店もたくさんあるのだ。

 そして定番の田舎風豚肉のパテ。大きい。そして安い。これで五百円。

 テーブルチャージ代わりのパンにのせて食べる。……うめえ。なんというか、素直な味だ。ガツンとは来ないが、ちゃんと肉。外側の網脂のところもいい感じだし、中央の岩塩がちょっと効いているところもいい。そしてワインと合う。無限パテ・無限ワインができてしまう。これは罪なヤツだ。これ、お土産で買えないかな。

 そしてパンもうまい。いちいち丁寧で、手抜きがない。さすが繁盛するわけだ。なんというか、全然メインにたどりつかないのに満足してしまった。いや、ほんと。まだ前菜もいいところなんだけども、十分堪能してしまった感がある。

 いやいや、でもメインは肉なのだ。肉に備えよう。野菜だ。肉を食べる日は野菜を食べる。せめてもの罪滅ぼしでありバランス感覚というものである。

 とうもろこしが異常にうまい。なんだこれ。とうもろこしを焼いただけなのに、なんでこんなにうまいんだ。焼き加減なのか、塩加減なのか。はてまたちょっとかかったにんにく風味のソースのおかげなのか。ようわからん。が、うまい。やばい。いいようにやられている。術中にはまっている。

 変化球に逃げる。挽肉とマッシュポテトと揚げなすの重ね焼き。組み合わせ的に外しようがないだろうとは思っていたが、やっぱり外さない。とろりとしたなすの食感、チーズのコク。それを柔らかにまとめるマッシュポテトの包容力。ああ、ワインが進んでしかたない。


 メインの肉が登場。内ももとカイノミ。それぞれ百五十グラム。

 内ももは赤身としての旨味ぎっしり。さっぱりとしているが、熟成肉だけあって味が深い。

 そしてカイノミのうまいことよ。内ももより繊維が細かく、口の中でとろけていく味わい。

 ああ、こりゃ極楽だ。肉汁がついたポテトまでうまい。

 ガーリックライスで締める。うめーよ。うまいに決まっているよ。

 嫁さんはデザート。……デザートまでうまいんですけど。なんなの。

 さすが人気店。何から何まで隙がなかった。店員さんの接客も好感度高い。料理の質を考えると、物凄く安いし、リーズナブルだが、学生とかがほいほい来れるほどは安くないので、お店が騒々しくないのもうれしい。

 これはもう再訪確定。他のお肉も気になるし、レバーパテも食べたいところ。続報を待つべし。こりゃ予約してでも行くべき店だわ。