タケルンバ卿ブログ

世界の片隅でだらだら生きる貴族の徒然帳

スポンサー リンク

個人情報を共有してもドタキャンは防げない

 飲食店では予約客のドタキャンが実に頭の痛いところ。そこでそうしたデータベースができたという話がちょっと話題になっておりました。

 でね、結論から言うとこうしたデータベースって難しいと思うんだよね。

データベース化して問題ないの?

 そもそも顧客情報をよそに流して問題ないの? という個人情報の扱い問題があると思うわけです。予約時に「ご連絡なくキャンセルとなった場合、うかがった電話番号などの個人情報はキャンセルなさるお客様の情報として共有させていただきます」的な同意があるかどうかとか、なんとかする方法はいろいろあるとは思いますが、そういった合意を予約時にとれるかどうか微妙ですし、とれたとしても社外にまでお漏らしするのはどうなんだろうと。せいぜい社内・店舗間共有までじゃないのかねえと。

そもそも断れるの?

 仮にデータベース化に問題がないとしても、それを運用に活かすということは、データベースにある個人情報に引っかかった方からのご予約をお断りできますか? という話で。ここがうまくいかなきゃ実効性がないわけで。なんのためのデータベースなのよと。情報集めるだけ集めてなんなのよと。

お金とれるの?

 でもってキャンセルの悩みというのはお金のとりっぱぐれなわけです。それを回避するためにキャンセルしそうな人の予約はとらないということなんでしょうけど、それって仕込みのマイナスがゼロになるというだけで、プラスにはならないのですよ。無駄な仕入れが減るというだけ。お金がとれなくては本質的な意味はない。プラスにならない。

 なわけで、実は宿泊業、ホテル・旅館の話と一緒なわけです。

 解決策も一緒。結論としては「予約時の事前決済」あたり。ここに集約されます。

 例えばコース料金の60%を事前決済、残り40%を当日決済にするとか。あるいは1名あたりいくらと固定金額を決めておき、残金は当日精算とするとか。そうすれば少なくても食材のロスは回避できるし、それに少し色を付けて回収できる。

 データベースというやりかたより、事前決済のシステムを席予約にひもつけてしまうほうが、より冴えたやりかたではないかと思うわけです。日本語には「内金」という言葉があるわけで、そんなに無茶な話ではないわけですし。キャンセル料率を事前に明示しておくこと。そしてキャンセルの場合は既にいただいているお金を実際にいただくこと。これだけでありまして。

 飲食業と宿泊業の最前線からは以上です。

都議選と礼儀と復讐戦

 都議会議員選挙について。まあいろんな分析やら感想、講評ありますけど、個人的に思ったのは礼儀を欠かすもんじゃねえなあと。

その後の知事による各会派の控室への挨拶回りでも、都議会自民党は幹事長と政調会長が欠席。
(他の会派はきちんと幹事長が対応)
ナンバー3の総務会長が
「たまたまいたから、対応しただけ」
というコメントとともに、知事へ渋々と挨拶を交わしている姿が報道されました。
さらに都議会議長(自民党)への訪問の際も、議長が恒例の記念撮影を断ったようです。

小池百合子知事の初登庁も、都議会自民党らが通例を破ってまさかの「出迎え拒否」! | 東京都議会議員 おときた駿 公式サイト

 これ、北区でトップ当選した音喜多駿都議のブログ記事。小池都知事初登庁に関するもの。

 ではここで欠席したり写真撮影を断ったりした都議会自民党幹部の当落を見てみましょう。

  • 川井重勇都議会議長(中野区)→落選
  • 高木啓幹事長(北区)→落選
  • 崎山知尚政調会長(荒川区)→落選
  • 高橋信博総務会長(小平市)→当選

 欠席した二人落選、写真撮影断った一人も落選、「たまたまいただけ」の一人が当選。「たまたまいた」でよかったですね。二九五票差で当選とギリだったけど、議長・三役揃い踏みでの落選をなんとか回避。

 ちなみにその各選挙区の状況を見ていくとこんな感じ。※【】は次点

  • 中野区 都フ・公明・民進・【自民】
  • 北区  都フ・公明・共産・【自民】
  • 荒川区 公明・都フ・【自民】
  • 小平市 都フ・自民・【民進】

 上位を都民ファースト・公明にかためられ、最後の一枠で競り負けたという感じ。中野区は現職三人に都民ファーストの新人という戦いで、現職一人が追い出され、北区は定員四から三への減員区で、現職四人からこれまた一人が追い出される。荒川区も公明現職の後継候補・元職の都民ファースト・自民現職から一人負けるという厳しい選挙区。小平市にしても現職二人いるところに都民ファーストの新人も来たわけで、ギリで勝ったけども厳しい戦いだった。

 なんというか負けるべくして負けた方々で、きっちり刺客にやられた印象です。

 教訓。最低限の礼儀は欠かしちゃなんねーな。

「明日は我が身」と福祉

 福祉関係の話というのは人それぞれ立場があり、考え方や価値観がかなり異なるので、迂闊に触るとアレなことになるんだけど、あえて雑に。

 福祉って表向きは「優しさ」とか「愛」みたいな価値観で成立しているように見えるんだけど、実際のところは「情けは人のためならず」という部分が結構あり、「明日は我が身」という現実があって、一定の配慮であるとか、ある意味で特別な対応が許されている部分があるんじゃないかなあと思う。

 救急車なんてのはひとつの典型で、もちろん救急車の通行を優先し、救急車に道を譲るというのは常識としてあるけど、その常識が常識として世間一般に受け入れられるのは、誰しもが救急車に乗る側になりうるから。もちろん日頃はいちいちそんなところまで考えて救急車に道を譲ったりしないが、そういう「明日は我が身」的なものがあるから道を譲れるし、そういう「明日は我が身」価値観にあいのりできない人は、「フリーライダー」としてただのり批判される。

 車椅子にしても人工透析にしても、怪我や病気というのはいつなんどきなりうるやもしれぬもので、だからこそそこに一定の配慮や保護が生まれ「お互い様」ということになるが、健常者から見て「いつなんどきなりうるやもしれぬ」の範囲から外れるものは、「明日は我が身」ということにならないので一定の配慮や保護の対象からはずれやすい。ちょっと過激な行動をとる障害者に対する世間の反応がこれ。

 同様に赤ん坊・幼児・子ども、あるいは単純に年下に対する配慮がはずれやすいのは、人は加齢する一方で年が戻ることはなく、そのために年下に対しては「明日は我が身」という想像力がはたらきづらい。お年寄りが保育園建設に反対しやすい理由のひとつがこれで、自分は保育園に入ることはないし、自分が子育てをすることもない。なので反対をすることに問題がない。

 仮にお子さんが周囲にいる、あるいはお孫さんがという状態であれば、そのお子さん・お孫さんを通して「明日は我が身」という状態が生まれるため、同様の身持ちに対する配慮もできるようになり話もかわる。結果として「理解がある」「優しい」人になる可能性が高いが、そういう環境から離れれば離れるほど「理解がない」「優しくない」人になってしまう危険性も高まる。

 そういった意味で高齢化・少子化は、子どもを通じて得ていたはずの社会的弱者についての想像力を減らしてしまうのかなあと思う。加齢による頑迷傾向を強めてしまうし、同時に接する機会がないので、自らが社会的弱者になってしまったときの振る舞いの問題につながってしまいやすいのかもなあと。世代の分断が常識の分断となり、結果として福祉の分断になってしまう。

 そんなことつらつらと考えていました。特に結論はないです。では。