タケルンバ卿ブログ

世界の片隅でだらだら生きる貴族の徒然帳

スポンサー リンク

改姓の態度で交渉の余地がばれる

 結婚において、改姓に対する態度って絶好のリトマス試験紙だと思うんですよ。

 交渉できる相手かどうかという。

 法定婚の場合、いずれかは名字を変えなくてはならない。さて、どちらが? というところに、いろいろと出てしまうものがあると思うのです。

 まずは自分が変えてもいいと思うか否か。自分か相手か、そのいずれかが名字を変える。確率にして50%。その50%を背負えるかどうかに、まずひとつの分水嶺があります。相手が名字を変える可能性があるならば、自分にもその可能性がある。そしてその可能性は等しく50%である。

 こういう考え方ができる人なら、まあとりあえずは安心なような気はします。こと改姓に関し、平等な負担という意識であるわけで、今後夫婦に訪れる負担に関しても、平等に考えてくれるだろうな、と。

 次に背負えないと。絶対に名字を変えられない。そういう場合なのですが、その際に応分の負担ができるかどうかにまた枝分かれがある気がします。自分はこれこれこういう理由で名字を変えられないが、あなたが改姓を受け入れてくれるのであればその代償を払う。こういう考え方であれば、あとはその代償を適切に設定するだけの問題で、今後に同じような問題が発生した場合に、話し合いの余地がある相手であろうと。

 問題は自分は名字を変えない。代償も払わない。相手に一方的な改姓を求めるタイプでありまして、正直申しまして将来は暗い。何故なら、将来別な問題が起きた場合に、同じようにゴリ押ししてくる可能性が高いから。交渉であるとか話し合いとかが成立しない相手である可能性が高いわけです。ことに名字の問題というのは、家とかの話にも通じ、舅がどうだ、姑がああだ、義理のなんちゃら、何代前の、とか面倒な話と関連性が高く、名字で譲れない人はお墓の問題とかでも譲らないことがありますし、嫁と姑で姑を優先してしまいがちな未来が簡単に推測できるわけであります。

 特に難儀なキーワードは「長男(長女)だから」「本家だから」でありまして、これは名字に限らない広い問題を引き起こす話であり、名字と同じ展開が予想されます。

 いずれにせよ、名字で譲ることができない人は、他のことでも譲れない人である可能性が高く、しかもその代償をまったく支払わない人は、交渉相手にならない可能性も高いので、長い人生をともに歩む相手には向かないのではないか、というのが私の考え。

 ちなみに我が家の場合は私が名字を変えたわけですが、別に相手にそれを要求されたわけでもなく、別に嫁さん自体も改姓を拒んでいたわけではないのですが、総務屋の私のほうが手続き慣れしてるし、とりあえず俺にしとくかー的な感じで決めたわけですが、これとて相手に「私は名字変えるの嫌だから、あなたが変えてよね」と言われてたら、私だって改姓するのに応じたか微妙です。だって気分悪いじゃん。なんで俺が。一方的に。

 これから長い期間ともに歩む相手を尊重する上でも、問題を共有し、それをふたりで解決する姿勢が夫婦には大事ですよね。

 つい先日、嫁さんの誕生日を祝ったばかりの貴重な男子改姓マンからは以上です。

肉塊UNOで赤身肉を食べ続ける会

 先日、ござ先輩と久々に食事。で、行ったお店がとても良かったので、これはうちの嫁さんにも食べてもらわねばということで再訪。

肉塊UNO 溜池山王店(溜池山王・シュラスコ)

 赤身肉押し。おお、赤身好きの俺に最適ではないか。

 平日17:30オープンということで、その口開けを予約。さすがに早い時間ということで貸し切り状態。こりゃありがたい。

 こちらのお店はシュラスコ形式。5種類のお肉の食べ放題と、2種類の出し切り日替わりお肉。

 まずは食べ放題お肉のイチボ。シュラスコの基本ともいえるお肉。

 口開けということで、こんな写真まで撮らせてもろた。これ、本年の肉断面オブザイヤー受賞。

 まあうまいよ。うまいに決まってるよ。

 豚バラも塊状態が実にフォトジェニックで。表面の脂身のところがパリパリに焼けてて、最高なの。むしろ端っこたくさん食べたいくらい。

 これはランプ。実にあっさりだが、旨味が凝縮された赤身。

 これにリングイサ(ソーセージだ)と、鶏もも。あと日替わりがハンバーグとラムのスペアリブ。これにて一通り。

 なんで画像がないかというと、これはシュラスコあるあるなんだが、同じお皿にお肉を乗せ続けるため、お肉の周り風景がアレになりやすい。そのため自粛。仕方ないね。

 焼きパイナップルにて締め。画像がないから量少なめに見えるが、実が5種類の肉を2セット食べている。げふう。しかもものによっては2枚ずつ食べている。げふう。

 食べるものは肉のコースのみで、税抜き3,500円。これに飲み物をつけるわけだが、マテ茶とかにするとおかわりもできるので、消費税足してもひとり5,000円くらい。内容と場所柄を考えると、とてもリーズナブル。

 とてもおいしゅうございました。ところで店名の由来だが、嫁さんも最初勘違いしてたし、俺もそうだったんだが、数の「ウノ」ではないらしい。

社長の宇野です。

会社経営やコミュニケーションスキルを学びたい学生インターン募集 - 肉塊UNOのインターンシップ・契約・委託の求人 - Wantedly

 まさかの宇野さん。

2018年最新版ボージョレ格付け

 全国四千五百万人のワインファンの皆さん、お待たせ致しました。今年も恒例のアレです。ヌーヴォーです。

イチゴやブルーベリーを思わせるような香りを持ち、爽やかで滑らかな味わい

ボージョレ初荷、羽田到着=来月15日解禁:時事ドットコム

 はい、爽やかいただきました。

  • 1995年「ここ数年で一番出来が良い」
  • 1996年「10年に一度の逸品」
  • 1997年「1976年以来の品質」
  • 1998年「10年に一度の当たり年」
  • 1999年「品質は昨年より良い」
  • 2000年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
  • 2001年「ここ10年で最高」
  • 2002年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
  • 2003年「100年に一度の出来」「近年にない良い出来」
  • 2004年「香りが強く中々の出来栄え」
  • 2005年「ここ数年で最高」
  • 2006年「昨年同様良い出来栄え」
  • 2007年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
  • 2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
  • 2009年「50年に一度の出来栄え」
  • 2010年「新酒の典型のようなみずみずしさ」
  • 2011年「50年に一度の当たり年」「05年や09年産に匹敵する仕上がり」
  • 2012年「糖度と酸度のバランスが良く、フルーティーな味わい」
  • 2013年「例年よりもフレッシュな味わい」
  • 2014年「フレッシュで華やかな香り」「果実味豊かな味わい」
  • 2015年「今世紀でもっとも良い出来」「豊かで、しっかりとして完璧なバランス」
  • 2016年「採れたての果実を口の中で頬張ったかのような、みずみずしい仕上がり」
  • 2017年「甘みが凝縮され、まろやかな味わい」
  • 2018年「イチゴやブルーベリーを思わせるような香りを持ち、爽やかで滑らかな味わい」←New!!

 評価を意訳すると「香りはいいし、味も爽やかなんだけど、ちと薄い」というところ。この評価を踏まえて「字面だけ格付け」を更新すると、このようになります。

2018年版ボージョレ字面だけ格付け

  • 1.2015年「今世紀でもっとも良い出来」「豊かで、しっかりとして完璧なバランス」
  • 2.2005年「ここ数年で最高」
  • 3.2006年「昨年同様良い出来栄え」
  • 4.2003年「100年に一度の出来」「近年にない良い出来」
  • 5.2011年「50年に一度の当たり年」「05年や09年産に匹敵する仕上がり」
  • 6.2009年「50年に一度の出来栄え」
  • 7.2002年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
  • 8.2001年「ここ10年で最高」
  • 9.1999年「品質は昨年より良い」
  • 10.1998年「10年に一度の当たり年」
  • 11.1996年「10年に一度の逸品」
  • 12.1997年「1976年以来の品質」
  • 13.1995年「ここ数年で一番出来が良い」
  • 14.2000年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
  • 15.2007年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
  • 16.2012年「糖度と酸度のバランスが良く、フルーティーな味わい」
  • 17.2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
  • 18.2017年「甘みが凝縮され、まろやかな味わい」
  • 19.2014年「フレッシュで華やかな香り」「果実味豊かな味わい」
  • 20.2018年「イチゴやブルーベリーを思わせるような香りを持ち、爽やかで滑らかな味わい」←New!!
  • 21.2004年「香りが強く中々の出来栄え」
  • 22.2013年「例年よりもフレッシュな味わい」
  • 23.2010年「新酒の典型のようなみずみずしさ」
  • 24.2016年「採れたての果実を口の中で頬張ったかのような、みずみずしい仕上がり」

 20位です。やりましたね。

 方向性としては香り強調、味控えめ。そうなると華やかな香り且つ果実味豊かという2014年に劣ることは否めません。とはいえ滑らかな味ということで、一応味について言及があるということで、味に言及のない2004年よりは上と見ていいでしょう。よって両者の間となる20位ランクインとなりました。

 「爽やか」であれ「滑らか」であれ、味の言及ではあっても、どうとでもとれる表現なので、出来としては普通なのでしょう。2015年に「今世紀でもっとも良い」が炸裂しているので、あと80年はダメかもしれませ……んなことないか。

 それでは来年もまたこの記事でお会いしましょう。良いワインで、良い人生を。