タケルンバ卿ブログ

世界の片隅でだらだら生きる貴族の徒然帳

スポンサー リンク

同姓婚を維持するメリットがわからない

 サイボウズさんには業務的にもお世話になっております。ありがとうございます。



 私も入籍時に名字をかえたので、非常に興味深く拝見しておりました。

 問題としている内容など、青野氏の主張に同意します。違和感はありません。名字かえた側からとしては、非常に普通の主張です。

 また論点を経済的デメリットに絞って訴訟を起こした点も納得できます。こういう話って家族観とか道徳とか、歴史的なあれとかを問題にしても主観的なものにすぎず、客観性がないのですよね。入籍時に名字をかえることによって経済的な打撃を受ける。これは非常に客観的で、算定も容易ですし。冴えたやりかたではなかろうかと。

 さらに言えば、今後こうした経済的な打撃は大きくなる可能性が高く、「今まで夫婦は同姓だったから」で放っておくと結婚のコストは際限なく上がっていきます。

 以前にこんな記事を書きました。結婚して名字をかえるとなると、これだけの手間がかかります。

 「昔は同姓婚で問題なかったではないか」という主張がありますが、それは昔のほうが手続きが少なく、今のほうが煩雑で面倒だから。例えばクレジットカード。昔はなかった。今はある。クレジットカード払いにすると便利なものもある。例えば公共料金。例えばインターネットでのお買い物。交通の便が悪いところ、都市部まで遠いところほどクレジットカードは便利でしょう。ネットですべて完結する。

 しかしながらクレジットカードは個人に紐付けられるもののため名義変更が必要です。クレジットカードの名義と、申し込みの名義が同一でなければならないものは結構あります。携帯電話なんかもそうですね。私も格安スマホにかえるとき、ここが問題になりました。

 あるいは保険。保険料をクレジットカードで払い、それが名義変更となるとしばらくはクレジットカード決済ができないため、コンビニ決済が必要になり……とか。

 こうしたもろもろが実に面倒くさい。便利な世の中になればなるほど面倒くさい。様々なものが個人情報に紐付けられ、便利になればなるほど個人情報変更に伴うコストが大きくなる。つまり改姓手続きが面倒になり、入籍に伴って名字をかえる人間だけが損をするわけです。

 昔は個人情報に紐付けられるものってあんまりなかったんですよ。クレジットカードなかったし。公共料金とかは世帯とか住所に紐付けられるものでしたし。名字かわろうが構成員が変化しようが、そこに土地・建物が変わらずあり、人が住んでいて料金さえきちんと支払われていれば問題にならなかった。銀行口座だってハンコひとつで親が子の分とか全員分つくってどうこうとかできた時代ですし。名寄せとかどうとかで本人確認が必要になったのは最近ですよ。昔はゆるかった。ゆるかった分、名字をかえる手間が今より少なく、コストも少なかった。今は違う。違う以上は今までと同じ制度では持たないんです。

 名字をかえることが面倒くさい。となると結論としてはふたつで、面倒だけどなんとかするか、面倒だからあきらめるかです。で、「なんとかしろ」というのが同姓婚主義者なわけで、私はそれは余計なお世話だと思っているわけです。表向き家族制度を守るとか言いながら、結果的に結婚をあきらめる人を多く作り出してしまう可能性が高い。事実、名字かえるのは面倒なんです。私は総務畑の人間だから、こうした手続きは得意でなんとかこなせた。お金で解決できる場合もあり、それを選択できる人もいるでしょう。

 しかしながら、こうした手続ぎが苦手だとか、お金がないだとか、あるいは考えるだけで憂鬱だとなった場合の結論は、婚姻放棄であります。で、私はこっちのほうが先行き難しいと思うのですよ。事実婚状態の世帯を把握するのは難しいし、それこそお子さんができた場合に、お子さんはどうするとか。子どもは親の同姓・別姓を選べない。でもそれ以上に親の法定婚・事実婚を選べないほうが問題が大きいと思うわけです。受けられる福祉的な恩恵が事実婚の場合不利なので。

 であるなら、今のままでいくなら事実婚でのお子さんに対する福祉制度の整備が必要だと思うわけです。法定婚でのお子さん並に。それもしないとなると、もう手詰まりです。

 名字をかえたくないなら結婚するな。
 子どもに福祉を与えたいなら結婚しろ。

 こういうことなので、面倒だから結婚しないし、お子さんができると不利なので子どもを作らないと。行き着く先は非婚化で少子化です。だってそれが合理的選択ってもんじゃないすか。

 なので多少なりとも「産めよ増やせよ」をやりたいなら、結婚しやすく、お子さんを作りやすくするべきで、まずはその入口となる結婚制度見直しの着手待ったなしだと思うわけです。同姓婚維持で結婚制度を守ろうとするのはいいけど、結果的にそれじゃ結婚しづらくなって、結婚制度滅んじゃうよね。そんな滅びの論理に肩入れする必要なんてないよなあ。しかも同姓も選択できるのが選択的夫婦別姓で、損する人あまりいねーのに。

 以上、名字をかえた話をすると奥様から受けがいいタケルンバがお届けしました。

2017年最新版ボージョレ格付け

 全国四千万人のワインファンの皆さんこんばんは。今年も恒例のアレの季節がやって参りました。

 ボージョレ・ヌーボーですわよ、奥様。ボージョレ表記とボジョレー表記で戦争ですわよ、奥様。

輸入元のサントリーワインインターナショナル(東京)によると、現地は今夏、気温が高く乾燥し、原料となるブドウの生育に適した気候だったという。担当者は「甘みが凝縮され、まろやかな味わいに仕上がった」と話している。

関空にボージョレ・ヌーボーが到着 今年の解禁はいつ?

 まろやかですか、そうですか。

  • 1995年「ここ数年で一番出来が良い」
  • 1996年「10年に一度の逸品」
  • 1997年「1976年以来の品質」
  • 1998年「10年に一度の当たり年」
  • 1999年「品質は昨年より良い」
  • 2000年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
  • 2001年「ここ10年で最高」
  • 2002年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
  • 2003年「100年に一度の出来」「近年にない良い出来」
  • 2004年「香りが強く中々の出来栄え」
  • 2005年「ここ数年で最高」
  • 2006年「昨年同様良い出来栄え」
  • 2007年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
  • 2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
  • 2009年「50年に一度の出来栄え」
  • 2010年「新酒の典型のようなみずみずしさ」
  • 2011年「50年に一度の当たり年」「05年や09年産に匹敵する仕上がり」
  • 2012年「糖度と酸度のバランスが良く、フルーティーな味わい」
  • 2013年「例年よりもフレッシュな味わい」
  • 2014年「フレッシュで華やかな香り」「果実味豊かな味わい」
  • 2015年「今世紀でもっとも良い出来」「豊かで、しっかりとして完璧なバランス」
  • 2016年「採れたての果実を口の中で頬張ったかのような、みずみずしい仕上がり」
  • 2017年「甘みが凝縮され、まろやかな味わい」←New!!

 いやあ、こうやって眺めると壮観ですなあ。

 今年の評価を意訳すると「まあまあだが、パンチが足りない」というところ。悪くはないが、ベタ褒めするほどでは……といったあたり。「まろやか」って便利な言葉よね。

 この評価を踏まえて「ボージョレヌーヴォー論理パズル」こと最新版の「字面だけ格付け」は次のようになりました。

2017年版ボージョレ字面だけ格付け

  • 1.2015年「今世紀でもっとも良い出来」「豊かで、しっかりとして完璧なバランス」
  • 2.2005年「ここ数年で最高」
  • 3.2006年「昨年同様良い出来栄え」
  • 4.2003年「100年に一度の出来」「近年にない良い出来」
  • 5.2011年「50年に一度の当たり年」「05年や09年産に匹敵する仕上がり」
  • 6.2009年「50年に一度の出来栄え」
  • 7.2002年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
  • 8.2001年「ここ10年で最高」
  • 9.1999年「品質は昨年より良い」
  • 10.1998年「10年に一度の当たり年」
  • 11.1996年「10年に一度の逸品」
  • 12.1997年「1976年以来の品質」
  • 13.1995年「ここ数年で一番出来が良い」
  • 14.2000年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
  • 15.2007年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
  • 16.2012年「糖度と酸度のバランスが良く、フルーティーな味わい」
  • 17.2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
  • 18.2017年「甘みが凝縮され、まろやかな味わい」←New!!
  • 19.2014年「フレッシュで華やかな香り」「果実味豊かな味わい」
  • 20.2004年「香りが強く中々の出来栄え」
  • 21.2013年「例年よりもフレッシュな味わい」
  • 22.2010年「新酒の典型のようなみずみずしさ」
  • 23.2016年「採れたての果実を口の中で頬張ったかのような、みずみずしい仕上がり」

 18位です。やりましたね。

 昨年も書きましたが、2000年と2007年の間に越えられない壁があります。すなわち手放しの褒め言葉か、対象を限定した褒め言葉か。

 その観点から言えば、今回は「甘み」「まろやか」という対象を限定した褒め言葉なので、壁を越えられない。2007年以下ということになります。とりあえず15位以下確定。

 あとはどこに入れるかというところですが、「甘みが凝縮され」と濃さの言及されているのがポイント。基本的に「フレッシュ」「みずみずしい」は「薄い」ということなので、フレッシュ勢よりは上です。2014年よりは上位。

 となると相手は2007年・2012年・2008年となりますが、鍵となるのは今年が「まろやかな味わい」という評価にとどまり、酸味への言及がないこと。甘みはよく出ており、ワインらしい熟成もできているが、酸味が弱いのでガツンとこないと解釈できます。

 となるとこの比較では最下位とするしかなく、2008年よりも下ということで18位となりました。

 2015年は例外的に良かったものの、最近はどうも低調な年が続いております。そろそろ「千年に一度の当たり年」くらいのインフレ評価を見たいものであります。

 それでは来年もまたこの記事でお会いしましょう。良いワインで、良い人生を(某かりすまなんとかの人のパクリ)。

ディベート指導者がどれだけいるのか問題

 なんか呼ばれた気がする。


中学時代にディベートの授業を受けた時の話。

おれはディベートの教育を受けたことないのでわからん。タケルンバ卿の解説を乞う。

2017/10/29 17:12

 というわけで書きますよ。

 とはいえ、散々突っ込まれておりますように、そもそも「それ、ディベートじゃないよね」なわけですが、それで終わりにしては身もふたもないので、説明をば。

狭義のディベートと、広義のディベート

 「ディベート」って一般的には「議論」とか「討論」と解釈されておりますが、それはかなり広い解釈だよね、というのがまず前提。でもって、元記事のディベートの授業というのは、こちらの広義のほう。議論とか討論。「議論の授業」「討論の授業」と解釈しても問題ない。

 一方で狭義のディベートというものがあって、こちらはディベートとしてのルールがあり、それに基づくゲーム。でもってディベートにもいろいろ形式があり、様々なルールがあるわけですが、基本線として違いがないのはこのあたり。

賛成側と反対側に分かれる

 基本。正反対の立場に分かれ、その立場で議論を行う。元記事の授業もこれは満たしている。

賛成側と反対側の人数は一緒

 ディベートのルールとして一人制だったり二人制だったり、もっと多人数のチーム制であったりもしますが、基本的には賛成側・反対側は平等ですし、同じ人数です。賛成一人対反対三十人なんてありえない。

賛成側と反対側の発言機会・時間は一緒

 人数を揃えますし、発言機会や時間も揃えます。平等です。質問をしたら次は質問を受ける立場になります。主張すれば主張される。基本的には交互。

ディベートの立場と信条は関係ない

 重要なところはここで、ある論題に対して常日頃賛成か反対かなんてのはディベートでは関係ないのです。ルーズソックス反対派でも、ディベートで賛成側になったら賛成側の主張を行います。「ちゃんとした」ディベートの授業であれば、「じゃ、逆の立場で」みたいな感じで、賛成・反対を逆にしてもう一戦みたいなこともします。ゲームなんで。そしてゲームを通して議論とか討論のやりかたを身に着けようという趣旨で教育現場で行われているはずなんで。

 というあれこれを前提に元記事のディベートを考えると、これはちょっと狭義のディベートからはかけ離れているし、広義のほうのディベートとして考えたとしても、議論や討論のやりかたとして相当雑ですよね。ディベートをすることで何かを身につけようという教育効果に乏しい。

教える人不足

 とはいえ、教育現場でディベートをやるには環境があまりにも、というところで、ええ。

 学校でディベートをやる。学生にやらせる。では、ディベートをやったことがある先生がどれだけいるか。それも広義ではなく狭義のディベートを。

 正直ディベートを人に教えるなら、ある程度まともなところで判定員(ジャッジ)ができるレベルではないと話にならんと思います。行われた議論をまとめ、それぞれの立場の有利な点・不利な点を整理し、両者を比べた上で判定を下しつつ、その判定を明確に説明できるレベルではないと難しい。

 何故そのレベルがないと難しいかというと、勝敗のポイントを明確に決められるレベルにないと、ディベートではどういう主張をすべきかとかを教えられないし、実際の試合においての勝敗を分かつポイントを指摘し、改善案などを示すなどの「次」につながらないからです。教育現場でやるならね。

 主観的な主張が多ければ、もっと客観的な主張をするように指導すべきです。また、客観的な主張ができるように、こういう主張にはこういう論拠があるといいよね、という提案もいるでしょう。転じて「そういう論拠を集めるためには」ということで、図書館に行って情報を集める方法を学んだり、二次資料ではなく、一次資料にあたりましょうなどというリテラシーの話にもなったりします。

 果たして「ちゃんとした」ディベート未経験者にここまでのことができるか。まあ無理でしょう。

そのディベートの賛成派の勝因(教師曰く)は複数の意見を出した事であり、反対派の敗因(教師曰く)は全員が全員自分の意見を言わなかったからだ。

中学時代にディベートの授業を受けた時の話。

 このレベルであればお察しであります。

 個人的にディベートをやる意義は、「話がうまくなる」とかではなく、効果的な主張を学ぶことで、より論理的な主張ができるようになったり、より実証的な論拠が何かを考えるようになったり、より説得力に満ちた表現方法に思いが行くところではないかと考えております。自分の主義主張とは関係なく、ある議論の賛成・反対を主張する場合に、どうすれば効果的かを学ぶ。そしてその過程において、賛成・反対は表裏であり、万能な主張はないってところに思いが至るのであれば、ディベートの教育効果としてはまずまずといったところではないでしょうか。

 以上、選手としては引退、ジャッジとしては現役のタケルンバがお届けしました。

あわせて読みたい