タケルンバ卿ブログ

世界の片隅でだらだら生きる貴族の徒然帳

スポンサー リンク

ネギトロ丼は酢飯派です

 酢飯派です。

 だって酢飯が好きなんだもん(直球)。

 ただ、白米か酢飯かというのはシチュエーションで使い分けたい派です。私は大切りで、分厚くて、うまいお刺身は、下品にざぶんと醤油につけて熱々ご飯で食べたい。なのでお刺身ありきの場合は白米派ですし、炊きたてご飯派。

 逆にネギトロであるとか、いわゆるバラちらしのような小さめのネタの場合は、とろける味わいのネギトロや、小さめに切られたネタとご飯のハーモニーを楽しみたいので酢飯派です。

 大物演奏家が来てのソロコンサートの場合は熱々白米が好きで、有名楽団の場合は酢飯ですね。うん、わかりづらい。

 もっと例えると、お箸で食べるような丼は白米がよく、スプーン向きの丼は酢飯派です。うん、もっとわかりづらい。

 お刺身はこうして熱々ご飯で食べたい。なので白米。

 ネギトロに限らず、うにとかイクラとか、こういうものは酢飯で食べたいんです。うん、わからん。

 でもね、この話はわかるんです。

ご飯をメインとして考えた時、「ネギトロ + 醤油」というコンビは、ご飯を活かす最強のタッグとして立ち上がってくる(ワサビ?あいつは星になったよ)。ネギトロのまったりとした口当たりに、醤油の深遠なる塩気が、ご飯の美味しさをハイパーブーストする訳です。
そのコンビネーションの美しさの前では、ネタを活かす為の「酢」というものが、むしろノイズになってしまうと私は思うんですよ。

http://mubou.seesaa.net/article/455558822.html:

 酢飯ってうますぎるんですよ。うまい。酢飯好き。でもうまいから邪魔ということがあって。なのでお刺身と組み合わせるときは、そのうまさが邪魔になることがある。白米という総合司会が必要だと思うわけですね。

 さらに言えば、白米の場合は熱々ご飯がいい。ザブンと醤油にくぐらせたお刺身には、熱々のご飯が合う。ぬるいご飯だと、ご飯の個性が出てきてしまうような気がする。冷たいお刺身に熱々のご飯。冷と熱の組み合わせ。

 (どうでもいい話だが、焼肉の場合は逆で、ちょっと冷ましたご飯のほうが好き。熱々のお肉には冷ましたご飯がいいのだ)

 逆に熱々の酢飯というのも困る。むせる。人肌くらいの程よい温かさの酢飯がいい。ウドのコーヒーは苦い。

 あとは応用パターンで、「あ、こりゃどうも外したな」みたいなお店に入ってしまった場合、酢飯と白米を選べるのなら酢飯にします。酢飯のうまさでごまかせるから。このあたり塩・醤油・味噌から選べるラーメン屋さんと一緒。酢飯とか味噌ラーメンとか、元々の味があるものにしておけば、仮にはずしたとしても被害は限定的なのよ。このあたり幾度も危機をくぐり抜けた古強者ならでは感。

 個人的なまとめとしてはこんなところ。

  • ネギトロ丼は美味しい
  • タケルンバは酢飯派であるが、そこまで強硬ではない
  • うまいお刺身は醤油を存分につけて白米で食べたい
  • お店で選べるとよいよね
  • 関係ないけどわさび抜きを頼んだのに、普通にわさびが鎮座していると萎える

 oh...

採用抑制の結果という当たり前

 こんばんは。その四十代前半の者です。

当社では、30代後半から40代前半の層が薄くなっています。2000年前後に構造改革で採用を極端に減らしたためです。

「40代前半の層が薄い」人手不足に危機感 旭化成社長:朝日新聞デジタル

 構造改革ですか、そうですか。

 えっとね、私、1976年生まれ。今年で41歳。大学は1999年3月卒業。ということで、1997年10月ぐらいから1998年に就職活動してた世代です。

 で、この時何があったかと言うとね。

 1997年11月17日に北海道拓殖銀行が破綻。

 一週間後の11月24日に山一證券が破綻。まあ不況であり金融不安であり、それに端を発した社会不安真っ只中で、どこも人採ってない時代ですよ。銀行は貸し剥がしなんてやって、お金貸してくれない。なので将来投資できない。人にも投資できない。「構造改革」なんてのはごまかし。先行き暗いから人採らない。そんな時代。

 でね、もう二十年も前のことなんで、そんな過去はもうどうでもいいんです。私も新卒で就職はできなかったけど、あちこちでいろんなことをし、その経験があって今がある。だからもうどうでもいい。こうやって生きてるんだし。

 ただ、今起きていることは、当時の行動からすれば簡単に予見できる結果なのです。

 企業は経営の合理化のために人を採らない。銀行は破綻回避のためにお金を貸さないし、むしろ貸し剥がしをする。

 その結果が人不足であり、消費欲の停滞です。だって企業に入れてないんだもん。そら企業に人いないわ。で、お金貸してくれないんだもん。そら消費抑制するわ。何があるかわからんから、お金使わんわ。企業とか銀行が合理的な行動をした結果、私らも合理的な行動を身に着けたってだけですよ。みんなバカじゃない。頭良く行動する。誰が企業とか銀行を信用するかっつーの。

 でね、この状態を解決する方法はシンプルなんです。「ケチったお金を今使え」なんです。昔ケチったせいで人がいない。であれば、今その分を使えばいいんです。で、それをケチるから問題が解決しない。昔ケチったお金を今吐き出せば、相手もケチらなくなるかもねという話なのです。許してくれるかもねという話なのです。

 でね、これは予言。十年後にもっとひどい状況になります。

 リーマン・ショック組。ここも就職で苦労してる。なのでこの世代も異様に人不足。なのでどこも管理職と、その二番手候補が少ない。十年ごとに社会不安が起きている影響で。四十歳前後と三十歳前後がどこも層が薄い。

 でも、こんなの二十年前と十年前に自分たちが何をしたかを思い返せばわかる話で、それを悔やむならさっさと対策打てば良いのにね。きっとそれすらできないアレな経営者が多いわけで、さっさとご退場していただいたほうが世のため人のためになるのではないでしょうか。記憶力どうなっているのかしらね。

新人が居着ける環境問題

 ラーメン食べに行ったんですよ。その店は非チェーン店なんですけど、もうオーナーが完全に手を引いていて、店員さんだけでまわしているんですね。で、仕込みとかピークタイムは仕切りの番頭さん的ポジションの日本人店員さんがいるんですけど、その番頭さんが帰っちゃうと、もう日本人の店員さんがいないんです。外国人の店員さんだけなんです。……ここまではよくある風景。

 食べにいったら新人の日本人店員がいたんです。もう明らかに新人。でね、何も教えられていないっぽくて棒立ちなんだけど、棒立ちになっていると怒られるの。他のベテランっぽい店員さんに。とはいえ具体的な指示が何一つないの。仕事教えられてないの。怒るだけ。

 一方で怒られている新人さんは、怒られるからさらに何もできなくなってる。余計に棒立ち。ただ棒立ちがばれると怒られるから、よくわからん動きをしてあわあわしてる。何かすると間違うし、間違えたことをすると怒られるから、何をするにも臆病になってる。

 これね、どこのお店、どこの業態でも起きる問題だと思ったんです。労働力不足という問題があるけど、仮に人が来たところで、それを育てる環境がなければ、結局ダメだなあって。

 今言われている問題ってのは、主に求人なんです。人がいない。集めようとしても応募がない。でもその先にもうひとつ問題があるのね。人が定着しない。その定着性ってのは居心地とかきちんとした教育体制によって決まるんだけど、そのあたりがなおざりだなあって。

 このあたり大手とかは育成にもマニュアルがあって、指導する側の人間が誰であっても、それなりに新人を育てる過程がある(※あくまで当社比)。半端な地域チェーンとか、個人店などそれがない。もう既に人をある程度抱えているところは、人を増やすための環境が整備されているし、人がいないとまわらんという苦境を肌身に感じているので、大事に人を扱う(※あくまで当社比)。が、大きくなったことがないところは、人が増やすノウハウもないし、人がいない悲惨さの実感がないから、そこまで人の居心地に対して想像力がない。

 常に求人を出していて、人は採っているのだが、入った人がすぐに辞めていて同じ顔ぶれのまま。合計の従業員数は変わらない。こういうお店は新人育成の環境なさすぎ警報。怒鳴ってる店主がいたり、態度のでかいベテランバイトがいる店は特に危ない。具体的で細かい指示が出ていない可能性が高い。

 これ、飲食店だけではなく、一般企業もまた同様。御社は新人さんが居着く環境になってますか?