タケルンバ卿ブログ

世界の片隅でだらだら生きる貴族の徒然帳

スポンサー リンク

考えた結果マニュアルに行き着くわけですが

 どうも、マニュアル作る側の人間です。

 そうですか。

 でもまあこういう反応がある層のためにマニュアルを作るわけじゃないのよ。マニュアルって要はサービスの最低保証レベルの明確化で、「最低限ここまでやれよ」なのね。なので、「できる」人間にはマニュアルは必要ないし、上を望むお客様にもそぐわないんだけど、「とりあえず60点」というのにはいい。

 それにチェーン展開しているところだと、品質の均一化という効果があるわけね。どこのお店でも同じだと。

なぜ、相手によって対応を変えないんだ??

はてな匿名ダイアリー

 変えないことが目的なので、ええ。

誰に対しても同じことを押し付けてきて、こっちが望んでないにも関わらず、要らないサービスをしてきて、腹が立つ。

はてな匿名ダイアリー

 ああ、それはきちんと統制されていますね。店員さんがんばってます。えらい。

 「要らないサービス」って言うけど、ある人にとっては「要る」のね。で、「要らない」より「要る」人のほうが多いので、マニュアルに組み込んでいるのね。つまり過剰でもなんでもなくて、最低不可欠な段取りということ。

 でも現実に「要らない」人はいる。「要らない」人は怒る。クレーム入れる。トラブルになる。どうするか。モンスターカスタマーなので放っておく。個人の主張より全体の利益をとる。まあ当たり前ですよ。まあサービス業なので「来るな」とは言いませんけどね。「お客様には私どものやりかたは合わないようですね。残念です」みたいな感じでお別れです。実質「二度と来んな、ボケェ」ですが。

 あとこういうこと言う人で不思議なのは、マニュアルによらないサービス=過剰な特別扱いだったりする。決まってるチェックイン時間より早く入室させろとか。常連なんだからチェックアウト延長くらい無料対応しろとか。誕生日だからドリンクぐらいサービスしろ。ケーキはどうした。シェフの挨拶はどうした。次回利用できる優待券くらいよこさねえのか。気が利かねえなあ。責任者呼べおらぁ。

 違うよね。こういうのは本来対価が必要だよね。やってもらったらラッキーだけど、これがいつもだったらおかしい。つか店が持たん。ましてチェーン展開しているところで、他の支店でも同じようにされたら。チェーン店でマニュアルが尊重される理由がこれ。

 元増田にオススメなのは、マニュアルすらないお店。いいと思いますよ。過剰どころか、サービス自体がなかったり。何もされません。不愉快な過剰サービスなんてありません。愉快なこともないけど。

 元増田はマニュアルのないお店にどうぞ。

祝・丸松1周年

 3月で東中野のもつ焼き丸松さんが1周年。

もつ焼き 丸松

ぐるなびもつ焼き 丸松

 というわけで嫁さんと二人でお祝いに。

 お祝いといっても私らができることは。

 飲んで。

 食べるだけ。

 ポテトサラダとマカロニサラダ。あわせて「ポテマカ」もうまいし。

 梅肉がのったつくねなんかもうまい。

 味噌ダレのレバーも相変わらずだし。

 小袋刺しの鮮度も最高。

 焼いたシューマイも何故かうまいし。

 ウインナーを焼いてもやっぱりうまい。


 箸休めの野菜までお酒が進むし。

 煮込みも最高。

 相変わらずの居心地の良さ。これから2周年、3周年と良い年を重ねていってください。

わさび入りおにぎりは滅ぶべきである

 オリジン弁当が好きだ。わりとうまい。惣菜も手軽だ。しかもあちこちにある。が、こやつは時々俺にトラップを仕掛ける。いや。俺が勝手に引っかかっているだけの気もする。が、とにかく俺は罠にはまっている。きょうもやられた。だからこの記事を書いている。

 知っている人は知っているし、知らない人はまったく知らない話だが、俺はわさびが嫌いだ。食うと死ぬ。精神的に死ぬ。なのでわさびが入ってそうな食べ物に関しては、非常に慎重になる。ラベルを確認するし、原材料を確認する。何しろ生死がかかっている。そりゃ慎重になる。

 そしてオリジン弁当にはおにぎりがある。まぐろ入りのものとかある。ネギトロおにぎりとかがある。で、ちゃんと「わさび入り」とある。入っている以上は俺は買わない。わざわざ地雷原に飛び込むバカはおるまい。そっと離れる。息を止めて離れる。

 問題はとろタクおにぎりだ。成分的にはネギトロおにぎりとあまり変わらないはずだ。が、こっちには「わさび入り」と書いていない。ラベルに特に記載がない。

 ……ということは、こっちは本当にわさびが入っていないのか?
 ……わさびがダメなヤツはこっちを食べろということか?
 ……トロ食べたい。

 ワンチャンかけてみる。死ぬ。○すぞ。

 しかもこのネギトロはたまにお弁当にも入っている。漬物とかが入っているスペースに鎮座しているときがある。ちょこっと赤い塊がいたりする。

 ……これはネギトロだよな。
 ……特にわさびはのってないよな。
 ……ということは醤油をかければうまうまか。

 食べる。死ぬ。○すぞ。

 しかしまあこれらは手を出すほうが悪い。地雷っぽい存在であることはわかっていたはずだ。数々のわさびをくぐり抜けた帰還兵ことタケルンバならわからぬはずがなかった。いや、実際怪しいと思っていたではないか。何故その怪しいという感覚を信じない。戦場では自分の感覚を信じろ。そして危ないと思ったら誰よりも警戒するんだ。臆病者は自分の身を守る。お前はそうやってわさびから自分を守ってきたではないか。

 しかしながら、まさかこんな問題があるとは思わなかった。ツナマヨである。

 記載はない。どこにもない。オリジン弁当のサイトを見てもよくわからない。が、どうにもこうにもカラシの味がする。

 事実はわからん。が、苦手な者にとっては「入っている気がする」というだけでダメなのだ。そういう気になった時点で精神的に死ぬのだ。事実よりも気分。気分が人の精神を殺す。わさび嫌いはからし嫌いでもあり、わさびがダメならからしもダメだ。

 ツナマヨにまで攻撃されるとは思わなんだ。安全だと思っていた味方基地にて襲撃を受けた気分だ。……お前たちの誰かが、あるいは全員がスパイだというのかオリジン。一体神はどこにいるのだ。

 しかしオリジンの唐揚げはうまい。唐揚げ弁当 is God。あといくらおにぎりと筋子おにぎりはうまい。が、わさび入りおにぎりは滅べ。