タケルンバ卿ブログ

世界の片隅でだらだら生きる貴族の徒然帳

スポンサー リンク

見た目クリーニング屋の立ち飲み割烹

 南阿佐ヶ谷駅から近くのクリーニング屋さんが閉店し、何ができるかなあと思っていたら看板そのまま。見た目そのまま。

 これお店の写真。

 たばこ。クリーニング。おかし。ご丁寧にタバコを売ってたときのカウンターまでそのまま。

 しかし7月にオープンしたこのお店。実は立ち飲み屋さんであり、「立ち飲み」というより、割烹なんじゃね? というレベルのお料理を出してくれるお店なのです。

田っくん商店(南阿佐ヶ谷・居酒屋)

 本店は代田橋。どうやらこちらは二号店のよう。

 オープン告知の画像もあった。看板とか見ればわかるが、ここまで居抜きで入るかー、というレベルにそのまま。でも、料理は本物。

 まずは茄子の煮びたし。やわやわの茄子がお出汁を吸ってうまい。

 ち鯛の昆布締め。「振り塩をしてありますんで、そのままでもどうぞ」というので醤油なしで食べてみたが、これがまあ絶品の締め加減・塩加減で。おかげで日本酒がすすむすすむ。これはいかんつまみだ。

 ぶりかま煮付け。この日はぶりをお刺身で出していたので、そのかまと思われるのだけど、レア気味に仕上げていていい感じ。

 刺身があるときは、かまの煮付けとか焼き物があるみたいに、メニュー構成の辻褄が合うお店は信用する主義です、私。大体うまい。

 ささみの天ぷら。この上にのっているものが一工夫。オリーブの醤油漬けを刻んだものらしい。これがまたささみに合うのよ、奥さん。あっさりとしたささみに合うのよ、奥さん。

 はたはたの一夜干し。干すとうまみが凝縮されるのよね。

 だし巻き玉子。お出汁多めのふわふわタイプ。これ、焼くのムズいんだよね。かため巻き・だし少なめとかだと、わりと火加減雑でもいけるし、最後の一巻き目さえ失敗しなければ、見た目も問題ない。でも、こういう淡いふんわりタイプって、火加減強すぎれば焦げるし、どこかで焦げれば内側に色が残るし、雑味も残る。かといって弱火でいいというわけでもない。ちゃんとしたお仕事です。素晴らしい。

 そして締めには松茸と穴子のお澄ましなんかもあったり。お酒の締めには贅沢すぎる一品。

 でね、量もけちけちしてないで、大きめのお椀にたっぷりなの。それでいてお値段も安いの。ここであげた全メニュー、1,000円以上のものがないんですよ。最後のお澄ましなんかも1,000円以上してもおかしくないのに。ちゃんとした和食のお仕事してるのに、お値段だけは立ち飲み価格。こりゃいいや。

 立ち飲みといっても、実は椅子も6席ほどあり、座って飲めるし食べられる。日本酒もいろいろ揃っており、なかなかナイスです。

 見た目はクリーニング屋だけど、その実は立ち飲み割烹。田っくん商店おすすめです。

理由もなく入試を休みたくなった

 わかる。

 本当に理由はない。ただ、行きたくなくなることがある。

 自分の場合だと受験のときになった。ろくに勉強もせずに大学受験となったわけで、試験の結果は連敗となるわけだけど、しかしそれでも大学に入るためには試験を受けなくてはならない。

 ある試験の日、唐突に「あ、今日は行きたくない」となった。気がついたら原付に乗っていた。原付に乗ってひたすら西へ。

 何故だか山が見たくなった。山に行きたくなった。青梅街道をひたすら西に走ると奥多摩に出る。通勤の車の流れに逆らい、喧騒を離れ、山の中でひとりになりたかった。

 特に目的地はなかったが、奥多摩湖に着いたときに「あ、ここでいいや」となった。東京都のほぼ西の端。行くあてのない移動の終着地にするにはもってこい。

 途中のコンビニでおにぎりとお茶を買い、ダム湖の脇で食べていると、これまた何故か不意に帰りたくなった。

 食べ終えるやいなや再び原付を東へ走らせ、帰宅する。

 「早かったね」と親に言われた気がする。試験を受けに行ったには確かに早い。が、気分転換をするには十分な時間だった。

 この日受験しようとしていた大学は当然不戦敗で、どうにもならなかったが、最後の最後の某大学の試験でどうにか引っかかり、高校卒業後に大学進学が決まるというギリギリのスケジュールで進路が決まった。

 ちなみに不戦敗だった大学は日大で、受けていたらどうなっていたのかなあとは思う。やっぱり落ちてたはずだけど。

おっさんのサッカー戯言

 なんとなくサッカーについて書きたくなったから書く。あんまりそれに理由はないし、これは非常に情緒的なお話だ。論理だった専門的なお話が読みたければスルーすると吉。

 まず私とサッカーについて。私自身が1976年生まれであり、最近はおっさん扱いされる年代なので、サッカーを見始めたのも古い。Jリーグなんてものはなく、まだ読売とか日産とかが幅きかせてた時代。南アフリカでのワールドカップの際に、ブブセラという楽器で応援してたが、あの頃の日本リーグとか高校サッカーではチアホーンという楽器が吹かれてて、なんかやかましかった。ファー。

 ちなみに日本は私がサッカーを見始めた頃、ワールドカップに出たことがなかった。アジアの代表といえば韓国であり、日本はいつも韓国にしてやられていた。日韓戦で勝ったイメージがない。コンスタントに勝つようになったのって最近だよなあ。

 ワールドカップをガッツリ見るようになったのは1994年のアメリカ大会。もちろんそれより前から「三菱ダイヤモンド・サッカー」とかで見ていたが、がっつり見たのはアメリカ大会から。なんのことはなくて、このあたりで実家の引っ越しがあり、新しい家には衛星放送の設備があり、衛星放送の恩恵で試合を見れるようになっただけのこと。いろいろな環境が個人的に整い、タイミングが合ったのが1994年アメリカ大会。放送された全試合をビデオに録画し、アホほど見た。ハジ、ストイチコフ凄かったなあ。予選リーグで怪我して手術したのに決勝トーナメントで帰ってきたバレージには驚愕した。あの人なんなの人間なの。

 そして日本はこのアメリカ大会には出ていない。Jリーグが1993年にはじまり、目に見えて強くなったが、ドーハで散った。ワールドカップ初出場はこの次、1998年のフランス大会。日本はワールドカップに出るようになってわずか20年。私の人生半分はワールドカップに出ていない日本で、残り半分は出るようになった日本というわけだ。

 で、ポーランド戦のあれだ。結論から書くとアリだ。ワールドカップはサッカーの最高峰であり、国としての強化はワールドカップでの結果を得るために行われる。最大目標がワールドカップで勝つことである以上は、勝ち残るためにああいうプレーは致し方ない。ルールの抜け道だろうがなんだろうが、その抜け道は全チームに用意されているわけで、使ったもん勝ちだ。抜け道を使えるようにしたそれまでの準備、経緯すべてが報われてのものなので、責める筋合いはない。真剣勝負だから、そういうもんだ。

 ちょっと離れた視点に立って他人事で考えれば、ああ、日本もああいうことができるようになったんだなあという感慨もある。いわゆる「マリーシア」的なもの、南米的な「ずる汚い」プレーから日本はかけ離れていたように思っていたし、苦手だと思っていた。いつもしてやられる日本を見てきたし、そういうものだと思っていた。それを相手に仕掛ける側になったというところに感慨はある。できるんだ。やれるんだ。すごくなったもんだ。

 ただもう少しサッカーファンとして内に入って考えるとなると、短期的にはともかく、長期的にはどうなのかという思いはある。あの一連のプレーというのは、短期的な結果を出すプレーであって、長期的な利益をもたらさない。日本のチームに対する敬意も損なわれるし、憧れであるとか、美しさとか、そういうものが多少なりとも毀損する。もちろん結果が出るからいいのだという考え方もあるが、ちょっと短期的な視点すぎやしねえか、という危惧がある。そしてそういう短期的な勝負をもうかけちゃうのと。随分安易にエリクサー使うねえと。ファイナルファンタジーシリーズをプレーしては、もったいないと思ってエリクサーを使い残してしまう傾向のある私は思うわけだ。

 そしてこの長期的なメリットを吐き出し、短期的なメリットを優先する傾向がハリルホジッチ→西野という監督交代にも見られると思う。監督交代をすることは悪くはないが、その仕方というものはあって、大会直前でいきなりはないだろうし、あんな辞めさせ方したら、世界のトップレベルの監督はもう日本の代表監督を引き受けてくれないのではないか。それは日本の将来的なメリットを阻害するのではないか。

 こういうのは古いサッカー好きの老婆心かもしれない。サッカーを見始めたときの、まだ弱い日本のイメージが強すぎて、「まだ学ぶべきタイミング」という思いが強すぎるのかもしれない。が、大会直前の監督交代にしても、ポーランド戦のあれにしても、今まで蓄積してきた日本サッカー界のプラス材料を一気に絞りきり、果汁を抜き取りだす行為に見えて仕方ない。スッカスカになった今後はどうすりゃいいのよ。そして絞りきった挙げ句ベスト16止まりとかだったら絶望しかないじゃん。

 もう一度地道に田畑を耕し、土を富ませ、いつか来る実りのために準備する必要があるんじゃないかなあと思うわけだ。ふんぞり返るにはまだ早い。