読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タケルンバ卿ブログ

世界の片隅でだらだら生きる貴族の徒然帳

スポンサー リンク

場の問題にすりかえてはいけない

雑記

 今頃なんですが松本伊代・早見優の線路立ち入りの件について。

 あの話って変に解釈してしまうとまずいことになるなあと。

SNSの問題ではない

 あの話ってSNSで画像が拡散されたということで、SNSの問題と考える人がいるけど、別にSNSの問題じゃないよね。そもそも問題となる行為があって、その行為を撮った画像があり、それを公開したから問題となったわけで。

 なので、問題はそもそもの立ち入り行為であって、画像をあげたことではなく、画像をあげた場にもない。

「本人は(SNS)やめると思います」

【線路立ち入り】松本伊代の夫、ヒロミがワイドナショーで謝罪「責任は僕にあります」「本人はSNSやめるかも」 (1/2ページ) - 産経ニュース

 SNSはやってもいいから、線路立ち入りをやめろというだけ。

有名人だから問題になったのではない

 これも微妙な勘違いがあって、確かに有名人だから炎上したのだけど、別に有名人だから問題になったわけでもない。元々誰がやってもダメなこと。有名人だから目立つし、問題になりやすいのは事実だけどね。

 ま、極端な話、線路立ち入りに限らず、バレなければ問題にならないことってある。他人にとって問題というものは、認知するから問題になるのであって、認知できなければ問題にもならない。誰かに対する脅迫とかも、内心で思っているだけなら問題にならないが、それを口にして、誰かに聞かれてしまえば問題になりかねないし、それを公の場に書き込めば問題になる。

 例えば昔、浅草キッドの水道橋博士が「免許証の写真、どこまでいけるか」みたいな試みで変装した写真の免許証を取得し、その過程で免許証を紛失したと偽って道路交通法違反で書類送検されたことがある。これにしたって違法は違法だが、その経緯を話したり、免許証の画像を公開しなければバレなかった。

 ところが「笑っていいとも」とかでネタとして話して、画像もおもしろおかしく公開したことでバレた。バレたら違法行為だからアウト。実に当たり前。

 ……さて問題です。松本伊代はSNSでまずい画像を公開したのでSNSをやめることにするそうです。では水道橋博士はテレビでまずい画像を公開したのでテレビ出演をやめるべきでしょうか。

 今も出てますね。一応出演自粛の時期はあったけど。

 というわけで、芸能人だからなんだろうが、まずいことをしてはいけないし、したとしても公にしてはいけないということです。公にすれば決まり通りの罰があるというだけ。

 なので「SNSをやる・やらない」という判断より、そもそもの善悪の判断のほうが大事であるし、公にしてもよいかどうかの判断のほうが大事であるという話ではないかと思うわけです。はい、普通の話でした。

おっさんを正面から止めてはいけない

雑記

 トランプ大統領。なんか凄い勢いですね。

 まあでもああいう人が何かを成し遂げようとする場合、ポストを得た瞬間・権力を得た時に動くことはそれなりに合理的であります。出だしが一番力があり、後は落ちるだけという考え方もある。批判され、ダメージ受ける前にやれることをやっとけと。

 こういう展開とか諸々を見るに、私が思うのは田中角栄であります。首相になったのが1972年7月。その二ヶ月後に日中国交正常化を成し遂げるが、その後は地価や物価の急騰があったり、ロッキード事件があったりで批判に晒され、後半尻すぼみ。なんか似たような経緯を辿りそう。就任直後から激しく動けば動くほど、任期後半が尻すぼみになる予感が強まる。それこそ再任なし・四年で終了みたいな。

 で、こういう手合いに真っ向から反対するのは逆効果だと思うわけです。

アメリカのトランプ大統領と電話で会談したフランスのオランド大統領は、トランプ大統領が、難民の受け入れを一時的に停止したことや、保護主義的な政策を強く批判しました。

仏大統領 電話会談でトランプ大統領の政策を強く批判 | NHKニュース

 まあ批判する気持ちはわかるし、懸念は至極もっともなんだけども、権力を得た直後且つやる気満々のおっさんには逆効果。むしろやる気にさせる。反対されればされるほど盛り上がる。

 ではやる気満々のおっさんにはどうするのが正しいかというとほめ殺しだ。とにかくほめる。称える。その実、動かない。時間を稼ぐ。そうしているうちにおっさんはいなくなる。面倒くさくなれば地位を捨てる。前進するにしても後退するにしても勢いがあるのがこういうおっさんで、辞める場合にも全速力で退く。

 ヨーロッパ流のエスプリの効いた嫌味を言って褒めればいいのだ。

「いやー、トランプさんは決断力ありますねえ」「俺にはできねえっす」「俺はどうしても考えないと動けないので、ああいう勢いうらやましいっす」

 とか言ってればいい。

 変に止めると「止めるヤツがいたから失敗した」と後で言われるので、言うがままにお膳立てして失敗させればいい。ま、会社とかでもよくある話です。腹黒く行きましょう。

2017年迎春

雑記

 皆様あけましておめでとうございます。

 今年一年間も皆様が健康に過ごされますことをお祈りしております。穏やかな日々が続くことを願っております。

 今年も当ブログでは、更新に追われることなく、「書きたい時に書きたいことを書く」という姿勢で行きたいと思っております。

 どうかお読みいただく皆様におかれましても、「読みたい時に読みたいように読む」という姿勢でご購読いただければ幸いです。

 本年もよろしくお願い申し上げます。

 2017年 タケルンバ 拝