タケルンバ卿ブログ

世界の片隅でだらだら生きる貴族の徒然帳

スポンサー リンク

都議選と礼儀と復讐戦

 都議会議員選挙について。まあいろんな分析やら感想、講評ありますけど、個人的に思ったのは礼儀を欠かすもんじゃねえなあと。

その後の知事による各会派の控室への挨拶回りでも、都議会自民党は幹事長と政調会長が欠席。
(他の会派はきちんと幹事長が対応)
ナンバー3の総務会長が
「たまたまいたから、対応しただけ」
というコメントとともに、知事へ渋々と挨拶を交わしている姿が報道されました。
さらに都議会議長(自民党)への訪問の際も、議長が恒例の記念撮影を断ったようです。

小池百合子知事の初登庁も、都議会自民党らが通例を破ってまさかの「出迎え拒否」! | 東京都議会議員 おときた駿 公式サイト

 これ、北区でトップ当選した音喜多駿都議のブログ記事。小池都知事初登庁に関するもの。

 ではここで欠席したり写真撮影を断ったりした都議会自民党幹部の当落を見てみましょう。

  • 川井重勇都議会議長(中野区)→落選
  • 高木啓幹事長(北区)→落選
  • 崎山知尚政調会長(荒川区)→落選
  • 高橋信博総務会長(小平市)→当選

 欠席した二人落選、写真撮影断った一人も落選、「たまたまいただけ」の一人が当選。「たまたまいた」でよかったですね。二九五票差で当選とギリだったけど、議長・三役揃い踏みでの落選をなんとか回避。

 ちなみにその各選挙区の状況を見ていくとこんな感じ。※【】は次点

  • 中野区 都フ・公明・民進・【自民】
  • 北区  都フ・公明・共産・【自民】
  • 荒川区 公明・都フ・【自民】
  • 小平市 都フ・自民・【民進】

 上位を都民ファースト・公明にかためられ、最後の一枠で競り負けたという感じ。中野区は現職三人に都民ファーストの新人という戦いで、現職一人が追い出され、北区は定員四から三への減員区で、現職四人からこれまた一人が追い出される。荒川区も公明現職の後継候補・元職の都民ファースト・自民現職から一人負けるという厳しい選挙区。小平市にしても現職二人いるところに都民ファーストの新人も来たわけで、ギリで勝ったけども厳しい戦いだった。

 なんというか負けるべくして負けた方々で、きっちり刺客にやられた印象です。

 教訓。最低限の礼儀は欠かしちゃなんねーな。

「明日は我が身」と福祉

 福祉関係の話というのは人それぞれ立場があり、考え方や価値観がかなり異なるので、迂闊に触るとアレなことになるんだけど、あえて雑に。

 福祉って表向きは「優しさ」とか「愛」みたいな価値観で成立しているように見えるんだけど、実際のところは「情けは人のためならず」という部分が結構あり、「明日は我が身」という現実があって、一定の配慮であるとか、ある意味で特別な対応が許されている部分があるんじゃないかなあと思う。

 救急車なんてのはひとつの典型で、もちろん救急車の通行を優先し、救急車に道を譲るというのは常識としてあるけど、その常識が常識として世間一般に受け入れられるのは、誰しもが救急車に乗る側になりうるから。もちろん日頃はいちいちそんなところまで考えて救急車に道を譲ったりしないが、そういう「明日は我が身」的なものがあるから道を譲れるし、そういう「明日は我が身」価値観にあいのりできない人は、「フリーライダー」としてただのり批判される。

 車椅子にしても人工透析にしても、怪我や病気というのはいつなんどきなりうるやもしれぬもので、だからこそそこに一定の配慮や保護が生まれ「お互い様」ということになるが、健常者から見て「いつなんどきなりうるやもしれぬ」の範囲から外れるものは、「明日は我が身」ということにならないので一定の配慮や保護の対象からはずれやすい。ちょっと過激な行動をとる障害者に対する世間の反応がこれ。

 同様に赤ん坊・幼児・子ども、あるいは単純に年下に対する配慮がはずれやすいのは、人は加齢する一方で年が戻ることはなく、そのために年下に対しては「明日は我が身」という想像力がはたらきづらい。お年寄りが保育園建設に反対しやすい理由のひとつがこれで、自分は保育園に入ることはないし、自分が子育てをすることもない。なので反対をすることに問題がない。

 仮にお子さんが周囲にいる、あるいはお孫さんがという状態であれば、そのお子さん・お孫さんを通して「明日は我が身」という状態が生まれるため、同様の身持ちに対する配慮もできるようになり話もかわる。結果として「理解がある」「優しい」人になる可能性が高いが、そういう環境から離れれば離れるほど「理解がない」「優しくない」人になってしまう危険性も高まる。

 そういった意味で高齢化・少子化は、子どもを通じて得ていたはずの社会的弱者についての想像力を減らしてしまうのかなあと思う。加齢による頑迷傾向を強めてしまうし、同時に接する機会がないので、自らが社会的弱者になってしまったときの振る舞いの問題につながってしまいやすいのかもなあと。世代の分断が常識の分断となり、結果として福祉の分断になってしまう。

 そんなことつらつらと考えていました。特に結論はないです。では。

万宝とさわやかを堪能する弾丸旅

 日帰りで伊豆に行ってきました。何をしてきたのかというと、おいしい魚と、おいしい肉を食べてきました。そのための日帰りです。弾丸です。伊豆まで行ってきながら、ドライブと食べること以外はほぼ何もしてません。いいんだよ、食べたいものがあったんだから。

八時から二十時 十二時間の弾丸旅

 八時にレンタカー屋に行き、いざ西へ。東名高速に乗り伊豆を目指す。海老名サービスエリアで休憩を挟み、まずは沼津へ。そこからは下道で伊豆の先端を目指す。

 まずはこちら。「干物の終着駅」と勝手に呼んでいる万宝へ。いつものようにすき屋でご飯を買ってからお店へ。十二時頃到着。先客は一組いたが、さすがは平日。空いている。

 さあ、早速焼いてもらいましょう。焼きはおまかせ。こちらは食べるのみ。

 まずはめひかり。こんがりと焼いてくれているので、頭からバリバリいける。それでいて身はほっこり。

 続いてアジ。ザ・干物。間違いのないうまさ。

 食べ終わったら残った中骨をさらに焼いてもらい、骨せんべいにしてもらう。通常は骨せんべいって揚げてつくるのだけれど、脂がのった魚でつくった干物であれば、炭火で焼くだけで骨せんべいになるそうな。

 焼くと骨まわりの脂がじぐじぐ音をたて、揚げるのと同じような感じになる。サクサクカリカリでうまい。

 アオリイカの塩辛を少しもらう。まさにご飯の友。ワタのおいしさもさることながら、アオリイカの身自体もうまい。やわらかねっとり。

 そして地金目の味噌漬け。ご飯のすすむ味付け。そして皮目のうまさよ。パリとろ。完璧な焼きだ。

 この時期、そして下田周辺でしか採れないという地魚アカゼムロを。足が早くて出回らないが、味はいいのでこちらではお刺身で食べるらしい。それを干物にしているとのこと。

 これが肉厚でうまかった。サバとアジのいいとこどりのような食感。お父さんおすすめの「醤油一滴・一味唐辛子をパラリ」で食べてみたが、これがまあうまいのなんの。つか、なんでこういう食べ方を見つけるんだろう。

 そして食べ終わるとアジ同様に骨を焼く。結局残すところがない。

さばの燻製 ノルウェーサバの手づくり燻製 ++ 伊豆下田 ひもの万宝 ++

 残念なのはこちらの新商品が売り切れだったこと。お土産に買って、パンに挟んでサバサンドにしようと思っていたのだが……無念。

海のちさわやか

 せっかく伊豆に来たので、ちょっとは海に行くべえと弓ヶ浜へ。

 「弓ヶ浜」という名前の通り、弓なりの浜で、お気に入りのスポット。

 そして再び車を沼津方面に向ける。

[店舗] 炭焼きレストランさわやか 長泉店 | 炭焼きレストランさわやか

 向かうのはさわやかの長泉店。比較的新しいお店。

 実はさわやかは静岡県の東部にはほとんどなく、東京から来る場合、ここか御殿場が近いのだけれど、御殿場は東名高速のインター近くという立地もあってメチャメチャ混む。で、今回は長泉店にしてみたというわけ。

 お店には一六時三〇分頃到着。いくつか空席があり、すんなり座れる。が、ちょっとたつとすぐに席待ち待機列ができてた。さわやか恐るべし。人気だのう。

 ここまで全然野菜を食べていないので、とりあえずトマトサラダを頼んでおく。おまじない程度であるが、こういうバランスも気になるお年頃ということだ。

 げんこつハンバーグ。これを食べにきたのだ。

 今回は二回目ということで、ソースをつけずに食べてみる。店員さんがハンバーグを二つに割り、断面を鉄板に押し付けて焼き上げ、最後にソースをかけてくれるのだけれど、そのソースをかけるところを断るという技があるということなので、それをやってみたかったのだ。

 テーブルの塩と胡椒をかけていただく。……うまい。つか、ソースなしでも十分いける。いや、ソースなしのほうが好きかもしれん。こっちだ。こっちのほうが好きだ。

 一応試しにソースをつけて食べてみる。うん、塩胡椒のほうが好み。オニオンソースはうまい。うまいのだけれど、うますぎる。肉の味よりソースのほうが強い。ので、Neekとしては塩胡椒がおすすめだ。が、このあたりは好み。好きなように食べると吉。うまいものはうまいように食べればいいのだ。

 肉を堪能し、新東名高速を経由して東京へ。レンタカー屋さんに車を返したのが一九時五〇分。タイムリミット一〇分前。おふギリギリ。ギリギリだが魚と肉を弾丸旅行で楽しめることがわかった。

 ま、余裕をつくるなら車を乗り捨てにすべきかな。三島乗り捨ても検討したが、メチャメチャ高かったので小田原乗り捨てを検討すべきかも。このあたり神奈川県と静岡県に壁がある。

 いずれにせよ美味しゅうございました。サバ燻製は通販で頼もうか。あるいは次回はフライングガーデンとハングリータイガーの食べ比べでもやろうか。食欲は尽きませんな。