タケルンバ卿ブログ

世界の片隅でだらだら生きる貴族の徒然帳

スポンサー リンク

新人が居着ける環境問題

 ラーメン食べに行ったんですよ。その店は非チェーン店なんですけど、もうオーナーが完全に手を引いていて、店員さんだけでまわしているんですね。で、仕込みとかピークタイムは仕切りの番頭さん的ポジションの日本人店員さんがいるんですけど、その番頭さんが帰っちゃうと、もう日本人の店員さんがいないんです。外国人の店員さんだけなんです。……ここまではよくある風景。

 食べにいったら新人の日本人店員がいたんです。もう明らかに新人。でね、何も教えられていないっぽくて棒立ちなんだけど、棒立ちになっていると怒られるの。他のベテランっぽい店員さんに。とはいえ具体的な指示が何一つないの。仕事教えられてないの。怒るだけ。

 一方で怒られている新人さんは、怒られるからさらに何もできなくなってる。余計に棒立ち。ただ棒立ちがばれると怒られるから、よくわからん動きをしてあわあわしてる。何かすると間違うし、間違えたことをすると怒られるから、何をするにも臆病になってる。

 これね、どこのお店、どこの業態でも起きる問題だと思ったんです。労働力不足という問題があるけど、仮に人が来たところで、それを育てる環境がなければ、結局ダメだなあって。

 今言われている問題ってのは、主に求人なんです。人がいない。集めようとしても応募がない。でもその先にもうひとつ問題があるのね。人が定着しない。その定着性ってのは居心地とかきちんとした教育体制によって決まるんだけど、そのあたりがなおざりだなあって。

 このあたり大手とかは育成にもマニュアルがあって、指導する側の人間が誰であっても、それなりに新人を育てる過程がある(※あくまで当社比)。半端な地域チェーンとか、個人店などそれがない。もう既に人をある程度抱えているところは、人を増やすための環境が整備されているし、人がいないとまわらんという苦境を肌身に感じているので、大事に人を扱う(※あくまで当社比)。が、大きくなったことがないところは、人が増やすノウハウもないし、人がいない悲惨さの実感がないから、そこまで人の居心地に対して想像力がない。

 常に求人を出していて、人は採っているのだが、入った人がすぐに辞めていて同じ顔ぶれのまま。合計の従業員数は変わらない。こういうお店は新人育成の環境なさすぎ警報。怒鳴ってる店主がいたり、態度のでかいベテランバイトがいる店は特に危ない。具体的で細かい指示が出ていない可能性が高い。

 これ、飲食店だけではなく、一般企業もまた同様。御社は新人さんが居着く環境になってますか?

イズミル(阿佐ヶ谷・トルコ料理)

 行こう行こうと思っていたが、何故かいろいろタイミングが合わず、なかなか行けなかったお店にとうとう行ってきました。

 阿佐ヶ谷のイズミル。行ってみたかったんですよ。トルコ料理のお店。うまいこと時間がとれ、お店に直接行ってみたら席もあり、初イズミルしてきました。

 注文は初めてなので何頼めばいいのかわからんかったので、Aコースを。そしておすすめのピデを追加してみた。

 まずは前菜盛り合わせ。真ん中下はトマトのピラフ詰め。それを挟むようにヨーグルト和えの前菜。上にはひよこ豆とミックス野菜のスパイシーなディップ。

 それをこのエキメッキというトルコのパンにつけて食べたりする。

 このパンがうまいのよ、奥さん! 焼き立てということもさることながら、パリ・フワのバランスがいいというかなんというか。前菜なんだけど、このパンだけでお腹いっぱいにしたい。

 また味付けもなんというか不思議。これまでに経験してない味付け。ひとつひとつの味付けが鮮やかで、スパイスが効いているんだけど、料理としては調和しているという。トマトの酸味、ヨーグルトの酸味がとても印象的。

 このサラダもうまかったなあ。トマトときゅうりとチーズと玉ねぎ、あとピクルスも入ってたかな。ま、材料は普通なんだけど、きちんと料理になっているという。

 ピデもうまかった。ピザよりも素朴なんだけど、その素朴さがいい。生地がパリパリ。

 肉ものメインはふたつきた。ひとつはドネル・ケバブにヨーグルトとかトマトソースがかかったもの。

 もうひとつはアダナ・ケバブという牛とラムのひき肉でつくったケバブ。スパイシーでうまいなあ。

 濃いいチャイで締める。なんというか、日本料理で使う醤油とか味噌とかの発酵調味料はなくて、その変わりにヨーグルトなどの乳製品やスパイス、そしてトマトなどでうまみを足しているんだなあという印象。料理としてのうまみベースが全然違うので、味の印象も随分と変わるんだなあ。

 また脂肪分などの重いものでうまみを足しているわけではないので、胃にもやさしい感じ。野菜も多い。食物繊維も結構とれる。

 噂に違わず、なかなかおいしゅうございました。次回はアラカルトで頼んでみるかな。シシ・ケバブを食べてみますかね。

東北巡りで食べてきたもの

 今年もおいしいものをいただいて参りました。例年と同じコースなので、例年と同じお店で、例年通りのおいしいものを。

たこ八(相馬・海鮮)

 相馬といえばほっき。

 相馬名物のほっき飯とお刺身、天ぷらのセットとなっているほっき三昧を今年も注文。



 三者三様どれもうまい。


 追加でカキフライとメヒカリの唐揚げ。メヒカリがうまかったー。ビールほすい。

とり福(石巻・居酒屋)

 初日に泊まるホテル近くなので重宝しております。

 何気にこっちで生の牡蠣食べるの珍しい。仙台に泊まった時以来。

 つぶ貝も地のものだそうで。

 せっかくお出かけして来ているのだから、やっぱり地のものを食べたいよね。

カネト水産 海の市(気仙沼・海鮮)

カネト水産 海の市

食べログカネト水産 海の市

 昨年はお休みだったが、今年はやってた。

 メカジキ丼。ピンク色の身がなんとも甘美。

誰そ彼(釜石・海鮮)

誰そ彼

食べログ誰そ彼

 釜石が誇る名店。こちらも2日目に泊まるホテルの近くなのでありがたい。今年も5,000円のコース。



 前菜的なものから。マヨネーズ和えはどこでもやってる品だけど、いい素材でつくるとさすがに違うなあ。うまい。

 そして刺身。

 逆サイドから。今年も圧巻。文句のつけようがない。

 サービスでローストビーフもろた。うん、こりゃ肉の刺身だ。やっぱりうめえ。だいだいかなんか知らんが、柑橘が微妙に効いてる。

 単なる鮭の塩焼きなんだけど、やっぱりうまいんだよなあ。なんじゃこりゃ。

 あさり汁を飲んで。

 お刺身ご飯で締めました。完璧。

 今年はカウンターではなくお座敷席だったため、親父さんとあまりお話できなかったのが残念だなー。カウンターだと謎のわんこ刺身状態になるのが面白いのに。食べたそばから「ほらよっ」と次から次へとお刺身が足されるのが謎で面白いのに。

 とはいえ今年も満足ごちそうさまでした。