続々々・被災地の今を訪ねる(3)

放射線については一旦横に置き、話を常磐富岡インターチェンジあたりからに戻します。