読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タケルンバ卿ブログ

世界の片隅でだらだら生きる貴族の徒然帳

スポンサー リンク

見られたいなら見られる工夫を

ブログ

 このブログをはじめたのが5月12日。約5ヶ月経って、やっとまなめに見つかりました。

まなめはうす

 意外と見つからんもんだね。

マイルールとしては「ま/な/め/に見つかるまで」地味にやることにする。

はてなブログはじめました - タケルンバ卿ブログ

 ということで、このマイルール解除。これからは今までのブログ通り、更新したらTwitterで通知することにする。

 ま、しかし特に宣伝せず、ブログを書いていたことでいろいろ気付いた。

ただ更新するだけでは、人は見に来てくれない

 当たり前のことなんだが、ただブログを更新するだけでは、そのブログの存在に気付いてくれない。ブログがあること自体を周知しなければ、誰も見に来ない。

すべては偶然頼り

 ブログを見つけてもらうきっかけはいくつかある。例えば、はてなの新着エントリーであるとか。あるいは「たまたま」読んだ人がブックマークするとか、TwitterにURL流すとかして、それを「たまたま」見た人が見に来るとか。

 しかしながら、わざわざ「たまたま」と括弧書きしたように、それは偶然の産物で、人任せ。いつ見に来てもらえるかどうかは完全に運次第で他力本願。

見て欲しいなら、見に来てもらう工夫を

 ということになってしまうんだな。見て欲しいなら「見に来てよ」って声をかけないとダメなんだ。見に来てもらえる工夫をしないと、見に来てもらえないんだ。

 今回は結婚した友人がおり、その友人向けという気持ちもあって記事を書き、それをTwitterで連絡したところ、その友人もまなめの知人であり、同じクラスタであったためにまなめの知るところとなった。こういうきっかけがなければ当分知られぬままであったはず。

 有名になりたければ記事をたくさん書くだけではなく、たくさん見てもらえるように宣伝すること。書くことを周知することは両輪であるなあと感じた次第。もっとも、有名になる必要がなければ宣伝せず、地味にやり続ければいいんだけどね。あくまで「有名になりたければ」というお話。

……お前のブログが地味すぎて見つけらんねーよというオチに100カノッサ。

はてなブログはじめました - タケルンバ卿ブログ

 えらく妥当な予想だったな……。

 というわけで、今後ともよろしく。