読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タケルンバ卿ブログ

世界の片隅でだらだら生きる貴族の徒然帳

スポンサー リンク

たこ八(相馬・海鮮)

 被災地巡りの話も書き終えたので、ここからは食べ物の話。

 相馬港で食べてきました。食べたのは相馬名物のほっき貝。「ほっき三昧」といういい感じのメニューがあったのでそれを。

 これ。

 天ぷら。

 お刺身。

 そして名物のほっき飯という三昧っぷり。

 貝類って大抵そうなんだけど、生は生で甘くてうまいんだけど、熱を入れたほうが独特の食感が出てしゃっきりするし、水分が抜けてうまみが凝縮する分おいしく感じる。

 ほっき貝は特にそうで、天ぷらのように揚げれば歯ごたえがいい感じになるし、生のお刺身より茹でたほうがうまみが凝縮する。炊き込みご飯にすれば、貝の甘みがご飯の味を豊かにする。そして何より色合いもいい。

 このあたりは好みだが、生はちと色がグロい。これはこれでうまいけど。(画像は苫小牧・マルトマ食堂で食べたもの)

 水産業の会社が営む食事処のせいか、小女子の佃煮とかの小鉢もきっちりうまかった。普通はかために仕上げるんだけど、ここのは柔らかめ。

 これだけ食べて2,000円ならかなりいい感じ。ほっきおいしゅうございました。