読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タケルンバ卿ブログ

世界の片隅でだらだら生きる貴族の徒然帳

スポンサー リンク

風神亭(西荻窪・居酒屋)

食べ歩き

 メリークリスマス!

 クリスマスといえば魚だな!!

 疑問を差し挟む余地を与えぬまま画像を貼っていくぜ!!!

 西荻窪の風神亭。名物料理の他は基本日替わり。四季折々の肴がうれしいお店。


 お通し。さつまいものポテトサラダと、白菜のおひたし的なもの。おふ、これだけでいけるのう。

 そして飲むお酒は毎度おなじみ〆張鶴。こればっか。両親が東北なので、北のお酒のほうがなんか合う。中でも新潟のお酒とは相性がいい気がする。

 別途お水を頼むのもタケルンバ流。日本酒の合間に飲むお水がおいしい。特に珍味系との相性は抜群。


 というわけで、その珍味系。塩辛とあん肝。プリン体がっつり。が、うまいのだから仕方ない。塩辛はいか自体がうまいし、あん肝のねっとりとしたコクはどうだ。珍味の味が口に残っているところに〆張鶴を流し込む。うまい。そしてお水。いやー甘露甘露。

 当然お刺身もうまい。この日はカンパチがうまかったな。で、カンパチがある日はカンパチのかま焼きがあったりする。メニューは仕入れ次第なので、こういうふうに整合性がとれている。この日は頼まなかったけどね。

 かわりに頼んだ焼き物がこれ。穴子。うなぎ風に山椒がかかってた。これがなかなかの一品。酒がすすむ。ご飯があればおかずにもバッチリ。まあご飯に合うものは酒にも合うのだ。同じお米ですもの。

 名物料理のシャシュリーク。豚肉のかたまり焼き。これはいつもある。そしていつも頼む。でもっていつもうまい。

 白バイ貝煮なんぞも頼んでしまった。貝類好きでね。で、期待に違わずうまかった。串を身に刺し、ぐるんとひねって奥の肝とかを取り出すのだけど、めんどくささに見合ううまさがある。

 締めのご飯物は海宝丼。いくら、うに、あとはこのわたなんかも入っているかしら。まあ、海の宝という名前に負けないお宝丼ですよね。プリン体がっつりですけど。が、うまいのだから(以下略)。

 今回もおいしゅうございました。次は何があるかなあ。