読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タケルンバ卿ブログ

世界の片隅でだらだら生きる貴族の徒然帳

スポンサー リンク

すっかりGoogleに染まってしまった

 つい先日まで私はApple-iPhone陣営にいたはずなんですよ。iPod以来、音楽はiTunesでしたし。

 ところが、iPhoneからZenFoneにスマホを買い替えた。AppleからASUSに。iPhoneからAndroidに移って以降、なんというかすっかりGoogle陣営に染まりつつあります。

なんでもかんでもGoogleのサービスでなんとかなってしまう

 言ってみればこういうことなんです。

 例えばメール。auからIIJmioに移ったことで、auのキャリアメールが使えなくなった。「ezweb」のメールが使えなくなったんです。

 移る前はちょっと心配でした。PHS時代から携帯電話のメールでやりとりしてましたから。その慣れがあるから、どのようになってしまうのかと。

 しかしまあまったくの杞憂。Gmailで十分。なんの問題もない。ま、多少は使い方を変えましたけどね。アーカイブをするようになった。以前は既読のメールも、重要なものは受信トレイにほったらかして、そのまま表示されるようにしてたんだけど、これだとスマホだと不便。スマホの画面だと既読と未読が判別しづらい。なので既読はアーカイブすることにした。変えたのこれだけ。これだけでなんの不便もない。

 携帯のキャリアメール時代にはよく来てた迷惑メールも来ない。Gmailのフィルタリングでシャットアウト。auからの宣伝メールも来なくなった。むしろ快適。

 PCやらスマホやら、あちこちに保存していた画像もGoogleフォトに一本化した。画像保管先が統一されたので、場所がどこか悩むこともないし、そもそも画像をPCとかスマホに保管する必要もなくなった。Googleフォトにアップロードしたら消せる。念のためデジカメで撮ったRAWファイルは外付けHDDに保存しているけど、JPEGファイルは手元にもうない。必要な時はGoogleから引っ張りだせばいいし。

 仕事用のExcelやらWordやらPDFのファイルもGoogleドライブに移した。出先からでもアクセスできる。さすがに無料枠の15GBを超えるのは怖くて、その制限だけは気をつけてるけど。スマホ購入で、2年間は100GB使えるんだけど、だからといって100GB使ってしまうようになったら、もう元には戻れないのでね。ま、安いからなんとかなるっちゃなるんだけど。

 そして今回、PCのiTunesに入れていた音楽ファイルをGoogle Play Musicに上げた。これでスマホから音楽聞ける。

 メール、写真、文書、音楽。PCでもスマホでもまったく同じものを扱えるようになった。こうした環境がすべてGoogleで統一されてしまった。クラウド恐るべし。

壊れても大丈夫という安心感

 PCにしてもスマホにしても、壊れるというリスクがある。データが消失する可能性がある。こうした不安から開放された気がする。手元のPC、スマホが壊れても、そのPCやスマホにしかないデータはなく、すべてはGoogleにアクセスすることで同じものを扱える。

 もちろんGoogleにだってそういうリスクはある。あるけども、自分で管理するよりは安全だろう。どっちがマシかという比較で考えれば。

 懸念があるとすれば、Googleが悪の帝国化しないかというところか。無料のサービスがことごとく有料化されるとか。しかしそれにしても、そうなってから対策を考えればいい。データを引き上げればいいし、元に戻せばいい。そのときはそのときだ。少なくても今より未来の話。より良い代替物があるかもしれんし。このあたりは楽観的だ。

 しかしこんな時代が来るとは思わんかった。なんでもかんでもフロッピーディスクに保存していた時代を考えると隔世の感がある。USBメモリとかでも驚いたのに。簡単にデータを持ち運びできて、便利なものができたなーと思った。今やもうデータはネットに置いておいて、そこにアクセスすればいいだもんなあ。データをアップロードさえしておけば、持ち運びする必要ないんだもんなあ。

 Google凄いなあ。ま、依存しすぎも怖いけども。