読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タケルンバ卿ブログ

世界の片隅でだらだら生きる貴族の徒然帳

スポンサー リンク

誰そ彼はやっぱり刺身の楽園であった

旅行 食べ歩き

 釜石に来たなら、このお店は欠かせない。

 誰そ彼さん。個人的刺身の楽園。

 昨年同様に席だけ予約。今年も五千円の定食を。



 まずは前菜的に三品。いきなりメカジキの煮付け登場。これがうまいんだ。

 そして真打ち、お刺身の登場。

 どーん。出たー。

 わーい、おさしみらー。脇のおしぼり、片付け忘れた。ま、気にするな。

 相変わらずうまい。とにかくうまい。説明不要のうまさ。

 恍惚としながら食べてると、親父さんが「ほいよっ」と。イカ追加。うめえ。

 もうしばらくすると、さらに「ほいよっ」と。サンマ追加。なんだ、このわんこ刺身状態は。刺身が減らない。

 カウンター席なので、目の前のネタケースを肴に飲む。このホタテが最高なんだ。これが切らずに一人一個出て来る。これを一口で食べる。口の中にあふれるホタテの甘み。最高に決まっている。

 そうこうしていると、今度はぶりのかま焼きが出てきた。ふわふわしてうめぇよ……うめぇよ。

 日本酒をちびちびやっていると、またもや親父さんが「ほらよっ」と。自家製塩辛。……なんだよこれ……肝がうますぎるよ……。

 連れと「うめぇ、うめぇ」言っていると、またもや「ほらよっ」が。今度はいくらですか。毎年このいくらをもらってる気がするが、今年もやっぱりうまい。

 そんなこんなで締めモード。お椀が出てきて、ご飯が出て来る。

 マグロをざぶんと醤油につけて丼に。

 塩辛ご飯もやっておかねば。

 今年は例年よりも天候が良く、漁の状態も良かったそうで、このような大盤振る舞いになったみたい。うますぎるぞ、誰そ彼!

 再訪必須。また来年も来ますよ、親父さん。