タケルンバ卿ブログ

世界の片隅でだらだら生きる貴族の徒然帳

スポンサー リンク

半沢直樹にも使われる名物居酒屋 - たいこ茶屋

 今月、連日お届けしていた浅草橋食べ歩き企画。今回は7月末日ということで区切りの回。まだまだご紹介したいお店は山程ありますが、その他のお店は随時お伝えをということで、今回の記事をもって一旦打ち止めに。

 その区切りの会にふさわしいお店といえば……浅草橋といえばこちらをはずすわけにはいかないでしょう。

たいこ茶屋

 お刺身食べ放題のランチバイキングなどであまりに有名。また席とかの雰囲気が「ザ・居酒屋」なので、ドラマ「半沢直樹」のロケ現場とかにも使われている。

f:id:takerunba:20200730233552j:plain

 サインも飾られている。現在放映中の続編でも早速第二話で使われたらしい。

 とはいえこちらといえば、先程書いたようにランチバイキングだ。1,500円でいろいろ食べ放題。

f:id:takerunba:20200730233730j:plain

 定番のマグロがあったり、

f:id:takerunba:20200730233750j:plain

 カツオがあったり、

f:id:takerunba:20200730233814j:plain

 ネギトロやタコがあったり。お刺身類は日替わりなので、日によってはサーモンとかいくらがあることも。

 他にも魚の煮付けやお野菜、味噌汁があって、ご飯も普通の白飯と酢飯があり、海鮮丼つくり放題システムが完備されている。思いのまま丼にご飯をしきつめ、君だけの海鮮丼をつくろう!

 ちなみにバイキングを楽しむコツだが、コストパフォーマンスを考えるのは野暮だ。食べたいものを食べたいだけ食べる。これでいい。料金はこの欲望を叶えるためのもの。ばっかり食べするもよし。いろいろ食べるのもよし。感情のおもむくままに食べるのがバイキングの醍醐味。好きなものを好きなように食べるべし。

鶏の旨味がご飯にも - パヤオ

 浅草橋食べ歩き企画、今回はタイ料理。私ね、タイ料理大好きなんですよ。

パヤオ

 場所はJR浅草橋駅の南側ガード沿いの道路、やや東口寄りのビル2階。ランチタイムも営業しており、お手軽にいただけるありがたいお店。

 でだ、何を食べるかという話。タイ料理といってもいろいろある。ガパオライスもうまいし、パッタイとかもうまい。しかし個人的に一番好きなタイ料理はカオマンガイ。鶏の炊き込みご飯。しっとり鶏肉もうまいし、鶏の旨味が染み込んだご飯もうまい。

f:id:takerunba:20200730010314j:plain

 これだ。これなのよ。鶏肉食べる。うまい。ご飯を食べる。うまい。ピリ辛のつけダレみたいなやつにつけてもうまい。鶏肉とご飯をスプーンで一緒にすくって口に入れてもうまい。

 タイ料理といったらスパイシーなイメージがあるが、こういうダシっぽい旨味を感じる料理もいい。夜にシンハービールとセットで食べるのもいいぞ。

落ち着いた雰囲気で食べる正しいステーキ - わかき

 今月も残すこと3日。本日の浅草橋食べ歩き企画はステーキレストランのご紹介。

わかき

 今でこそあちこちでステーキが食べられるようになってけど、昔はステーキはご馳走で、あちこちで食べれるようなものではなかったんだよなあ。それこそこういうお店で、ハレの日に食べる料理だったイメージ。ハレの日に行く大人の雰囲気のお店。そんな情緒が感じられる。

f:id:takerunba:20200728215714j:plain

 これぞ「ステーキレストランのステーキ」という趣き。奇をてらわず、なんというか、ちゃんとしてるんだよね、ちゃんと。ステーキだから、肉を焼きさえすればステーキになるんだけど、ここのは「ステーキ」という料理になっているというか。食べる側にもちゃんとした食べ方が求められるような感じ。ナイフでちゃんと一口ずつキコキコ。一口ずつきちんと噛んで味わって食べる。

 昔ながらの正しいステーキという感じ。たまにはゆっくり時間をつかってこういうステーキもいいもんだ。