タケルンバ卿ブログ

世界の片隅でだらだら生きる貴族の徒然帳

スポンサー リンク

ポタージュのような豚白湯スープ - ろく月

 ひたすら続く浅草橋食べ歩き企画。今回はラーメン。豚白湯を売りにしているお店を。

ろく月

 こちらの売りはポタージュのような濃厚なスープ。それでいて癖はなく、すんなりいただける。

f:id:takerunba:20200725011137j:plain

 シンプルながら洗練された見た目。存在感のあるスープ、存在感のあるメンマ、存在感のあるチャーシュー。きっちり仕事が行き届いた組み合わせだから、どう食べてもおいしい。

f:id:takerunba:20200725011343j:plain

 特製ラーメンにすると、他のラーメン屋さんではちょっと見かけない具の組み合わせに。ベビーコーン、アスパラ、オクラ。これが意外と濃厚なスープに合う。

 こちらに来たら是非替え玉も食べて欲しい。

f:id:takerunba:20200725011615j:plain

 この替え玉、実は既に和え麺になっていて、このまま食べれる。つか、このままで十分おいしい。そして味が十分についているから、スープの中に投入しても、味が薄くならない。むしろスープに新たなおいしさが加わって、もう一段別のうまさが花開く。

 デフォルトのラーメン。デフォルトの替え玉。そしてそれを合わせた味。三段階で楽しめるのがこちらのラーメン。時折出現する限定メニューもおすすめだ。

ずっしりうまい担々麺 - 馥香

 今回の浅草橋食べ歩き企画は麺は麺でも中国料理の麺。ちょいとスパイシーに担々麺でも。

馥香

 落ち着いた雰囲気の中でゆっくりと味わえる中国料理のお店。夜のコースなどは少々いいお値段だが、お昼はお手頃。

f:id:takerunba:20200724020213j:plain

 担々麺など、麺料理は麺が選べる。一本麺か刀削麺か細麺。ここはこの店ならではの一本麺を食べていただきたい。

 うどんのような白き太麺。これが結構どっしり来る。そして担々麺のスープがこらまた力強い味なので、実に食べごたえがある。「今日は軽く麺にしよっか」というときに食べる麺じゃなく、「今日は麺だ! 麺にしてやるぜ!」という勢いで食べる麺だ。食べるのにエネルギーがいる。が、それ以上に元気をもらえる。そんな麺料理。

 気合を入れて食べると吉。

値段は大衆的、味は本格的 - ミズタニ

 本日の浅草橋食べ歩き企画は大衆的な食堂のご紹介。一般的なジャンルとしては「大衆食堂」なんだろうけど、おいしいお魚がいただける食堂があるのです。

ミズタニ

 大衆食堂ということでメニューは幅広い。いろいろある。が、こちらのお店ではお魚系の定食をおすすめしたい。

f:id:takerunba:20200723004649j:plain

 中でも私の一押しがぶりの照り焼き定食。

f:id:takerunba:20200723004802j:plain

 「照り焼き」はよく言ったもので、この照りがたまらない。ぶりのうまさを余すことなく引き出すタレの力。そしてそこに白飯。咀嚼するたびに幸せがこみ上げてくる。

 日替わりのお弁当もおすすめ。

f:id:takerunba:20200723005034j:plain

 焼き鯖弁当。これで530円。安い。そしてうまいので、遅めに行くと結構売り切れている。そりゃそうだ。

 お値段は手頃で大衆的だけど、その味は実に本格的。財布に優しいお店です。